専門用語と定義

凝集高分子電解質または生物学的過程を追加することによって、細かく分離した浮遊固形物が不安定になり初期凝集すること。

クリプトスポリジウム:
人や動物の腸内での生息が可能な寄生原虫。

フロキュールまたはフロック:
凝固剤を加えることによって水中で形成されるか、生物学的活動によって廃水処理で形成される小さいゼラチン質の塊。

凝集:
ゆっくりと攪拌し、沈殿または浮遊しやすいように粒子の集塊を促すこと。

ランブル鞭毛虫:
ランブル鞭毛虫症の原因となる寄生原虫。

精密ろ過膜:
0.1µmを超える大きさの浮遊固形物やコロイドを除去する低圧のメンブレンろ過プロセス。

ナノろ過膜:
低圧の逆浸透膜。軟化や、色素を含む有機物の除去に使用されます。

耐オゾン性:
物質がオゾンの酸化力に耐える性能。

急速混合法:
すばやく完全に凝固剤を混合したり化学薬品を調整したりする物理的な水処理プロセス。

逆浸透:
溶解塩による浸透圧を上回る圧力で給水が半透過性メンブレンを通過することで、塩水から水を分離する方法。

沈殿法:
沈殿槽やクラリファイアーにて、重力によって水または排水から沈殿した固形物を除去すること。

シルト濃度指数:
一定圧力でメンブレンフィルターを通過した液体の時間流量に基づいた、水のファウリング傾向の度合い。

総浮遊固形物:
水または排水のサンプル内に浮遊する微粒子状物質の量。規定量のサンプルをフィルター処理した後で、フィルターを乾燥させてから計測して、残った残留物を調べます。

濁度:
水または排水中に浮遊物質が散乱しているか、浮遊物質によって水中に光が通らない状態。

限外ろ過:
20~1000オングストローム (最大0.1µm) のサイズ範囲内で分離する低圧のメンブレンろ過プロセス。