原水

地表水処理規則に準拠するために、原水処理を行い、耐塩素性のジアルジアクリプトスポリジウムを除去します。アリアシステムの0.1μmメンブレンを使用すると、これらの異物を凝固させる化学薬品の使用量を増やさなくて済みます。

性能データによると、アリアシステムは、流入水の水質に応じて、90~97%の割合で回収できるジアルジアクリプトスポリジウムの対数減少率:6を実現しています。(以下の表を参照してください。)

地表水を処理するアリアシステムの一般的な性能データ

平均濁度 (NTU) 平均TOC mg/L 透過流束 (ガロン/日/ft2) 回収率 (%)
<20 <3 75 97
<50 <5 53 94
100以下 >5 32 90

ネフェロメ濁度単位 (NTU) は、メディアによって透過または反射した光の拡散に基づいて、浮遊している粒子のサイズや濃度を測定する単位です。

全有機炭素量 (TOC) は、水処理量1リットルあたりの有機粒子の平均値を表します。

透過流束は、メンブレンの平方フィートあたりの1日の流量をガロンで示した測定値です。


アリアシステムを使用して地表水を処理するプロセスフロー

記事および成功事例