地下水処理

鉄、マンガン、ヒ素の除去の成功例。

地下水は、飲料水として好ましいと考えられてきました。一般に水質が良く、他の汚染物質が混入しにくく、他の種類の水に比べて徹底した処理を必要としないためです。実際には、地下水は、土壌や岩石に含まれる鉄、マンガン、ヒ素が混入しやすいものです。アリア精密ろ過メンブレンシステムを使用すると、これらの異物を適切に除去できます。

鉄とマンガンの除去
鉄とマンガンは、地下水の見た目を損なわせる二次的な汚染物質です。赤茶色に変色するため、水が汚染されたように見えます。これによって消費者の信用を損なう結果となります。

溶解した鉄とマンガンを微粒子に沈殿させる酸化処理により、これらの金属を除去できます。その微粒子はアリアシステムを使用してろ過できます。

アリアシステムを使用して地下水から鉄を除去するプロセスフロー

アリアシステムを使用して地下水からマンガンを除去するプロセスフロー

ヒ素の除去
一般的にある特定地域では、地下水に高濃度のヒ素が含まれています。自然発生によるヒ素には、ヒ酸塩[As(V)]と亜ヒ酸塩[As(III)]の2種類があります。一般的に地下水の状態では、ヒ酸塩が多く含まれており、凝集剤用やメンブレンろ過によって除去しやすくなっています。凝集作用やろ過作用のため、酸化プロセスにより亜ヒ酸塩からヒ酸塩に変換することができます。

飲用水中のヒ素濃度が高い場合でさえ、15mg/Lの塩化第二鉄の凝固剤を投入して適切なpHに調節することにより、アリアシステムを用いて最大汚染物質含有量以下にヒ素を低下させることができます。NSF International Drinking Water Systems Centerの独自の試験によって、アリアシステムはヒ素を検出不可能な値 (2ppb未満) まで低下させることが証明されました。この値は、米国環境保護機関 (US EPA) のヒ素規則の基準値を下回っています。

アリアシステムを用いて地下水からヒ素を除去するプロセスフロー



関連リンク