直接凝集処理水

精密ろ過メンブレンを使用した凝集処理によって、ヒ素、天然有機物、リンなどの有害な異物の除去効率が向上する可能性があります。

凝集剤を添加して適切なpHに調整されている場合、アリアシステムでは、米国EPAのヒ素規則によって指定された最大値の10μg/L未満にヒ素を削減できます。これは、源水に50μg/Lを超えるヒ素が含まれている場合でも同様です。

塩素が供給水中の天然有機物に反応したときに、トリハロメタンやハロ酢酸などの滅菌消毒による副生成物が生成されます。有機物を除去すると、これらの副生成物が減少します。アリアシステムのアップストリームに凝集剤が注入された場合は、30~60%の有機物を除去し、約95~90%の回収率を保持することができます。このために、ナノろ過または逆浸透 (RO) よりもコスト効率が良くなります。

直接凝集処理された表流水を処理するアリアシステムの一般的な性能データ

平均濁度 (NTU) 平均TOC mg/L 透過流束 (GFD) 回収率 (%)
<50 <5 75 97
<50 >5 51 95
100以下  >5  35 93

アリアシステムを使用して直接凝集水を処理するプロセスフロー

記事および成功事例