米国政府基準に準拠

米国では、安全飲料水法は飲料水の水質を保証する基本連邦法として制定されています。この法律は、米国環境保護庁 (USEPA) に、異物に対する飲料水の保護を高め、化学薬品の滅菌消毒による副生成物の管理を強化するための基準と規制を策定することを要求しています。この規制は、直接的および間接的な飲用において、表流水、地下水、工業廃水および都市下水、二次処理水、塩水の処理に適用されます。

アリアシステムは、以下の一覧に示すUSEPA規制に準拠する水を製造するように設計されています。

水処理を管理する米国EPA規制

規制 義務
表流水処理規則 地表水源の水または
地表水の直接的な影響を受ける水は、飲料水に含まれるクリプトスポリジウム、ランブル鞭毛虫、バクテリア、濁度、およびウイルスに関する義務的制限に準拠する必要があります。
  • アリアシステムは、クリプトスポリジウムおよびランブル鞭毛虫については6log以上の除去を達成し、大腸菌バクテリアについては4logを超える除去を達成しました。
規制 義務
滅菌消毒による副生成物の規則 飲料水用に化学的に滅菌消毒された水は、滅菌消毒による副生成物に関する最大夾雑物濃度に準拠する必要があります。
  • 前処理が適切に行われたアリアシステムは、滅菌消毒による副生成物の規則に準拠し、THMおよびHAASの規制制限値を大幅に下回ることが試験で確認されています。
規制 義務
ヒ素規則  公共用に供給される水に含まれるヒ素は10μg/L以下でなければなりません。
  • アリアシステムは、検出不可能なレベルにまでヒ素を低減 (2ppb未満) することが実証されています。


認証
アリアシステムは、次に示す認証を取得しています。

  • NSF International Standard 61に対するNSFによる試験および認証
  • NSF International Drinking Water Systems Centerが独自に実施した試験および認証では、2ppb未満にまでヒ素を削減することが実証されました。