凝集と沈殿

水質の悪い原水を使用する場合、透過流束速度を向上させるオプションとして、アリアシステムに凝集沈殿処理水を供給させる事ができます。つまり、沈殿沈殿装置を既に導入している場合はコストメリットを即座に実感できるのはもちろんですが、これから購入する場合でもコストメリットを期待できます。沈殿設備が処理プロセスの一部にある場合には、精密ろ過モジュールが必要数は少ないので、モジュール本数分のコストを沈殿装置の支出にあてることができます。

以下の表は、凝集および沈殿水の処理における性能データを示しています。データによると、沈殿装置によって、水質が変化した場合でも、アリアシステムの性能を比較的安定した状態に維持することが可能になります。

凝集および沈殿水を処理するアリアシステムの一般的な性能データ

 
平均濁度 (NTU) 平均TOC mg/L 透過流束 (GFD) 回収率 (%)
<50 <5 75 97
<50 >5 75 97
100以下 >5 75 97
 

アリアシステムを使用して凝集および沈殿水を処理するプロセスフロー

記事および成功事例

関連リンク