原子力発電

原子力発電所の一般的ニーズ

  • 被ばく線量の低減
  • 最新基準 (制限) への適合
  • お客様のトータルコスト低減

当社は、発電所のシステムを徹底的に分析し、最適なろ過・分離製品及び効率を改善する技術をご紹介します。現実に即した、また長期対策となる解決策を提案いたします。 現代の先進技術による原子力発電所では、適切な検査、診断、そしてシステムの改善提案を行うには、高度な熟練技術が必要です。ポールは50年以上にわたってろ過分離の革新技術を提供しておりますので、今後も信頼の技術でお応えいたします。

お客様が発電所を最高性能で稼働するために当社が実施できる支援については、担当者までお問い合わせください

補給水


補給水の品質は、蒸気発生器および復水システムの操作およびメンテナンスにおいて重要です。 アリア処理システムは、水源にかかわらず、常に高品質の処理水を提供します。  

飲料水

世界中の発電所では、飲料水処理にアリア精密ろ過システムが推奨されています。 アリアシステムは、病原生物を安全でコスト効率に優れた方法で削減し、厳格な品質基準を満たす飲料水を提供します。

廃水

厳しい環境規制を遵守するには、廃水流から不要な成分を正常に取り除くことが重要です。 当社が提供する高度な廃水処理管理システムは、完全に一体化されており、信頼性や柔軟性が高く、簡単に使用できます。 このシステムは、排水処理プロセスの各ステップを最適化するように設計されています。 弊社のアリア精密ろ過および限外ろ過システム、逆洗システム、および逆浸透システムは、排水ゼロを含めたお客様の要件を満たすように廃水処理することができます。

蒸気タービン管理

蒸気タービンの信頼性、出力、効率を向上するための製品、サービスを提供しています。 弊社のタービン流体システムに対するトータルアプローチによって、タービンの運転が最適化され、コストが削減されます。 弊社は、蒸気タービン管理のために、すべてのタービン流体が最新のINPO要件に適合するように支援します。

蒸気タービンを円滑に操作するために、蒸気タービンシステムで最も一般的に使用されているウルチポア Ⅲフィルターおよびウルチポア ダートフューズ・フィルターをお勧めしています。


EHC流体管理


HRP精製装置は、EHCシステムの操作を向上させます。 HRPでは、陰イオン交換と陽イオン交換を物質移動脱湿や微粒子ろ過と組み合わせることにより、酸の形成を制御し、高抵抗率を維持します。 また、金属塩の沈殿物を除去することで、劣化したリン酸エステル系を再生します。


タービン用潤滑油

潤滑油の汚染に関する問題は、ポールのターンキータービン用潤滑油システムのいずれかを導入することで解決できます。 弊社のシステムは、高効率ろ過、凝集、および物質移動脱水を用いて、水および固体による汚染の問題を解決します。すなわち、常に清浄な乾性油を使用できます。

水素系密封油

水素系密封油システム内の微粒子と湿気は、発電機の深刻な問題を誘発します。 弊社の水素系密封油システムは、アブレシブ摩耗からシールを保護し、発電機への水の浸入を防ぐことで、これらの問題の発生を抑止します。 このシステムは、シールの完全性を維持し、水素の純度を守り、密封システムのメンテナンスを最小限に抑えることが実証されています。

原子力蒸気供給システム、化学体積制御系 サブミクロンろ過


サブミクロンの絶対ろ過精度フィルターは、原子力蒸気供給システムにおける被ばく線量を減らすことができます。

発電所の作業員の被ばくは深刻な懸念事項です。絶対ろ過精度のウルチポアGFプラス・フィルターは、効果的に放射線被ばくの線源を取り除きます。 また、このフィルターは燃料補給期間中の線量率も低減させます。

化学体積制御系用フィルターエレメントは、照射を受けた微粒子の最大限の除去や、原子炉冷却ポンプ (RCP) シール表面の浸食摩耗の排除が見込まれています。 サブミクロンレベルのフィルターエレメントは、シール表面の浸食を防ぐのに必要です。 0.1μのサブミクロン除去レベルのウルチポア GFプラスフィルターでは、深層脱塩装置を保護しながら、樹脂の破片と腐食生成物を効率的に除去することができます。 また、このフィルターでは、炉外の放射線レベルを低減させ、熱交換装置のファウリングも防止することが証明されています。

弊社の段階的なフィルターの交換プログラム (GFRP) は、最初に粗いフィルターを使用してシステム内に残っている微粒子を除去したのちに徐々に微細なフィルターに移行することで望ましいレベルを維持するもので、コストを最大限に削減できるように設計されています。

 

封水注入フィルター (SWI)

封水注入フィルターも、原子炉冷却ポンプ (RCP) シール表面の浸食摩耗を防止します。 ウルチポア GFプラスSWIフィルターと封水戻り (SWR) フィルターは、サブミクロンの粒子を除去することでシール漏れ速度を維持することが業界で認められています。 封水から金属酸化物と他の微粒子状物質を除去することによって、ポンプシャフトとシール表面保護が適切に冷却され、その結果、費用がかかるRCPシールの交換頻度が減少します。

使用済燃料プール

使用済燃料プールを光学的に透明で放射線学的に清浄な状態にすることで、燃料補給中の腐食沈殿物の爆発による遅延を最小限に抑えることができます。 また、作業員の被ばくも減少します。 時間を節約し、放射線被ばくを減少させることで、操業コストを何百万ドルも削減できます。

当社では、ウルチポアGFプラス・フィルターを使用して、使用済燃料プールの視覚的な透明度を最適化することを推奨しています。 これらのフィルターは、世界で最も汚染の少ない原子力発電所で使用され、放射線の被ばくを防ぐとともに、廃棄物の量を減少させています。 このフィルターは強力に結合され、ろ材流出がなく、孔径よりもはるかに小さな粒子も除去できます。 弊社の140シリーズフィルターは同じ属性を持っており、ウルチポア GFプラスフィルターと同じメディアで構成されています。

放射性廃棄物

ポールフィルターは、固形物の負荷が高くても低くても、液体放射性廃棄物の清澄化に効果的です。 使用済燃料プールの清澄化のような放射性廃棄物のろ過は、逆洗システムまたはディスポーザブルシステムを使用して行われます。 放射性廃棄物ろ過システムは、液体放射性廃棄物の汚染除去を非常に効果的に行います。 弊社では、小規模および大規模な流量の用途に対して連続的に自動で動作する長期サービスを実現する、完全な逆洗システムを提供しています。 このディスポーザブルシステムは、浸透性が高く、特に強度があり、効率的なフィルターエレメントを備えています。


炉水浄化装置 (RWCU)

隔壁と多孔質メタルメンブレンを交換することにより、樹脂の漏れを防ぎ、炉内の水質を向上させます。 RWCUシステムでは、スパイラル溶接メッシュ、ウェッジワイヤー、および粗いメタルエレメントが一般的に使用され、重大な樹脂の漏れが発生していました。 当社では、代わりにPMMおよびリジメッシュ・メタルメディアを提案しています。 これらのフィルターを使用すると、ろ過効率を損なうことなく、セルロース系繊維を追加しなくても漏れを防ぐことができます。 繊維を追加する必要がないことで、イオン交換容量が向上し、廃棄コストが削減されます。 PMMメンブレンまたはリジメッシュメンブレンに変換すると、プレコートとシステムを全流量にするための合計時間が大幅に短縮されます。

レジントラップ

当社のレジントラップは、非常に機械強度が大きいメディアで構成され、脱塩装置システムの長寿命化に寄与します。 リジメッシュ・メディアで構成されたレジントラップによって、差圧を低下させ、樹脂の破片の捕捉を改善し、脱塩装置の寿命を延ばすことができます。 このメディアは非常に高い強度と浸透性を持ったステンレススチール製ワイヤーメッシュで、ミクロン径の除去レベルの製品の準備がございます。 高い圧力と温度にも耐えるしっかりとしたバリアーで、非常に優れた集塵能力を備えています。