セラミックスリップ - 積層セラミックコンデンサー製造用チタン酸バリウムスラリー

グリーンシートのキャスティング工程においては、厚みを均一にし、粗大な夾雑物、空隙、ゲル状の変性異物を無くす必要があります。炭酸バリウム、二酸化チタンからチタン酸バリウムを製造するプロセスにはいくつかの変動側面があるため、粗大粒子が発生する可能性もあります。BTスラリー自身からの凝集物も生じます。

粗大粒子または凝集物が存在すると、層の相対的な形状に影響を与える可能性があり、不均一な電界や電歪が発生する原因となります。 電源供給の補助用として使われる場合、セラミックスの電歪効果により回路基板に設置されたMLCCから振動が生じる可能性があります。この状態は、最終的にデバイスの障害となることもあります。

BaTiO3 (BT) は、誘電体層で使用される一般的なセラミック材料です。BTパウダーは、バインダー、有機溶剤、および一部の添加材と混合されます。一般的な溶剤には、トルエン、MEK、エタノール、アセトン、IPA、キシレンなどがあります。 セラミックスリップの成分は、使用される処方に応じて異なります。BTスラリーは、フィルムとして支持体であるPET上にコーティングされます。ポールフィルターは、グリーンシートを形成するセラミックスリップの分級やゲルの保持に効果を発揮します。

セラミックスリップ向けろ過製品 (BTスラリー)

プロファイル・スターやポリファインXLDは、プリーツとデプスの両方を併せ持ったフィルター構造となっています。従来のデプスフィルターでは対応できない高粘度流体や薄膜形成用途向けに非常に効果的なフィルターです。
 

積層セラミックコンデンサー製造用ろ過技術の概要<積層セラミックコンデンサー - セラミックスリップ - チタン酸バリウムスラリー
セラミックスリップ - 積層セラミックコンデンサー製造用チタン酸バリウムスラリー
積層セラミックコンデンサー向けセラミックスリップ用バインダー
積層セラミックコンデンサー製造向け導電ペースト
積層セラミックコンデンサー - 製品Locate a Pall representative for answers to your ordering questions
Contact Pall Microelectronics for Answers to your Technical Questions

最先端の薄膜グリーンシート向けのサブミクロンレベルの高精度ろ過用では、ろ過精度0.1μmのウルチポアGF-HVフィルターを推奨します。