水質試験

最新のPCR技術を利用したレジオネラ菌のリスク管理

水配管システムの粒子分析

特に、古い建物や大きな建物の水配管システムには、粒子 (砂、ケイ酸塩、錆など) やコロイドの形で高いレベルの有機物や無機物が含まれている可能性があります。このような水中の汚染物質は、バイオフィルムの形成の原因になる場合があります。また、この汚染物質はシステム内ですでに形成されてしまっているバイオフィルムから発生する場合もあります。水中の微粒子負荷によって水の色が変化する可能性があります。水の濁度は、システムの粒子/コロイド濃度のバロメーターです。

水配管システムでの微粒子およびコロイド負荷は、シルト密度指数 (SDI) 試験で分析できます。Pall Life Sciences offers SDI testing in your facilities by our specialists.Please contact your local Pall representative in order to find out if an SDI test can be performed in your facility.

注意: POU滅菌グレードフィルターで寿命がくる前に流量減少や閉塞が発生した場合は、水配管システムで高いレベルの微粒子負荷が発生している可能性があります。

Based on the individual review of the SDI report, system specific and cost effective prefiltration technologies can be selected from a large Pall pre-filter portfolio in order to deliver maximum benefits for your water distribution system.