Pall Systems Play Key Role in Landmark NIH Study on Cord Blood

ニューヨーク州イーストヒル (2005年8月17日) -- 臍帯血が移植用幹細胞の重要なソースとして注目を集めるに伴い、患者の生命を救う臍帯血移植治療の安全性と効果を確実なものにするための一貫性のある品質基準の必要性が高まっています。 COBLT (臍帯血移植) スタディの画期的な成果が新たに発表され、臍帯血の採取、処理、および冷凍保存に関する基準が改善されています。 Along with defining standard operating procedures, Pall Corporation (NYSE:PLL) は標準的な手術手順を定義しただけでなく、臍帯血の幹細胞の採取、処理、および冷凍保存の研究に使用された業界唯一のセットを提供しました。

臍帯血は、造血幹細胞の現実的なソースとして骨髄に代わり広く注目を集めています。臍帯血は、白血病、リンパ腫、重症の再生不良性貧血、および生命にかかわるような血液または免疫システムの疾病や遺伝性代謝疾患に苦しむ小児および成人患者の治療に活用されています。 新生児の臍帯から採取した血液は、米国で年間約11,700人の治療に役立つと考えられています。

“Congratulations to the COBLT researchers on this landmark study which brings valuable information to the transplant community, cord blood banking community and patients and families who rely on stem cells for a life-saving transplant, ” says Judy Angelbeck, PhD, Senior Vice President, Pall Medical. “We are proud that Pall’s cord blood sets played a role in this important study so that the highest quality procedures and tools back the increasing need for stem cells. この結果は、米国における臍帯血幹細胞貯蔵プログラムの作成に先立って品質基準の基礎を作る上で、非常にタイミングが良かったと思っています。」と述べています。

幹細胞の有望なソースとしての臍帯血の効果と安全性を見極めることを目的としたCOBLT研究は、米国国立衛生研究所 (NIH) の1つである国立心肺血液研究所 (NHLBI) からの資金提供を受けて、1995年に開始されました。 この研究は、3つの大手臍帯血バンクと米国の主要な6つの移植センターによって行われました。

臍帯血は、新生児誕生後、母親にも新生児にも悪影響を与えずに、すばやく簡単に採取できます。 臍帯血には造血を行う基本成分である幹細胞が豊富に含まれています。これは、ある種のがんや他の疾病で苦しむ多くの患者の生命を救うために行われている骨髄移植で使われる幹細胞と同じものです。 臍帯血幹細胞は冷凍され、必要なときにすぐ解凍して移植できるよう準備されており、従来の骨髄提供よりもずっと簡単で安全性も高くなります。

COBLTスタディの結果と医学研究所 (IOM) の最新のレポートによって、臍帯血幹細胞の需要はますます高まっています。 このスタディとIOMのレポートは、すべての患者が幹細胞を利用できるように国家的な臍帯血登録の仕組みを作ろうとする連邦政府の新しいイニシアチブを支援するものです。 政府は国家的な臍帯血バンクを開設する準備をしており、十分な量と考えられる約150,000の臍帯血ユニットを提供するだけでなく、人種を問わずに移植を必要としている患者と臍帯血幹細胞とのマッチングを行う効果的な方法を定めることを目標としています。

Pall’s cord blood sets for collection, processing and cryopreservation are used by the New York Blood Center's (NYBC) National Cord Blood Program, the world's oldest and largest public cord blood bank. 米国食品医薬品局の研究プロトコルとINDに基づき、NYBCは、生命にかかわる病気に苦しみながら血縁関係のない提供者からの幹細胞移植を必要としている小児および成人患者の治療を行う医師が臍帯血を利用できるようにしています。 Pall’s sets are also used by the booming private cord blood banking industry, where pregnant women can arrange to store their own newborn’s cord blood in case a family member ever needs it.

In addition to providing tools that enable cord blood banking, Pall Corporation is actively involved in applying and adapting its extensive proprietary systems technology portfolio and expertise in blood filtration and separation to the broader field of regenerative medicine, including cell harvesting and purification, adoptive immunotherapies and cytokine production.

ポールについて
ポール社は、急速に成長しているろ過・分離・精製分野の世界的リーダーです。ポールのビジネスは、次の2つの主要マーケットを中心に組織されています。ライフサイエンスおよびインダストリアルの2つの事業部門で編成されています。また、バイオテクノロジー、医薬品関連、輸血医学、半導体、水精製、航空宇宙、および幅広い産業マーケットにおいて、顧客からの厳しい要求に応えるために、最先端の製品を提供しています。2004年度の総収入は1.8億ドルでした。当社は、ニューヨーク州イーストヒルズに本社を置き、世界各地で幅広い事業を行っています。Visit Pall at http://www.pall.com/.

###