Pall Breathing System Filters and Protection Against Influenza

2009年5月7日

お客様各位

インフルエンザが、毎日のようにトップニュースで取り上げられています。 インフルエンザウイルスがH1N1型に変異して大流行する可能性があることから、一般の人々だけでなく医療従事者も不安を感じています。In this context Pall has been asked the question:“Do Pall Breathing System Filters protect against the spread of virus from an infected patient into the breathing system, and in turn, via the ventilator into the ambient air of the hospital?”

フィルターが、呼吸器系を介したバクテリアやウイルスの感染に対するバリアとして機能するためには、感染の可能性があるさまざまな経路を有効に遮断する必要があります。

患者の唾液や気管支分泌物に感染性病原体が含まれていることがあり、咳や気道吸引によって、感染性病原体を含む飛沫が発生する可能性があります。そのような飛沫が乾燥した空気の中を通過すると、表面の液体が蒸発し、飛沫がさらに小さな核になることが考えられます。 この飛沫核には感染性病原体が含まれている可能性があり、空気中に長時間とどまると考えられます。感染性病原体はこのようにして、空気中に浮遊する飛沫核や液体分泌物を介して伝染する可能性があります。

Pall Corporation has conducted extensive validation work to show that Pall Breathing System Filters act as a barrier to these routes of transmission.

呼吸フィルターのバリデーション試験に既知の病原体すべてを用いることは不可能であるだけでなく、フィルターの有効性を実証する目的に対して不必要でもあります。Pall Breathing System Filters have been tested with a variety of clinically relevant bacteria (including: ヒト型結核菌1緑膿菌2枯草菌3黄色ブドウ球菌4など) およびウイルス (ヒト免疫不全ウイルス5、C型肝炎ウイルス6など) を使用した試験が行われています。また、サイズに基づいた除去のゴールドスタンダードとされているバクテリア (Brevundimonas Diminuta7) およびウイルス (MS-2バクテリオファージ7) を用いた試験も行われています。These studies have demonstrated that Pall Breathing System Filters offer an effective barrier to contaminated liquids, and have an airborne bacterial and viral removal efficiency of at least 99.999%.

Given the size of the influenza virus (80-120 nm), its survival rate on inanimate surfaces, and using these studies as a guide, there would be no reason to expect that Pall Breathing System Filters would not be equally effective in preventing the passage of influenza virus.

この情報がお客様に役立つよう願っております。For further details, please contact your local Pall representative.

よろしくお願いいたします。

Joseph S. Cervia博士、M.D.、M.B.A.、FACP、FAAP、FIDSA
臨床学教授 (薬学および小児科)
アルベルト・アインシュタイン医学校
医長
生物医学部、シニアバイスプレジデント
Pall Medical


1 Aranha-Creado, H. et al.Infect Control Hosp Epidemiol 1997;18:252 - 254
2 Willie B. Krh.-Hyg. +Inf.verh. 1990;12:24
3 Wilkes A.R. et al.Brit J Anaesthesia 1999; 82:461 - 462
4 Rosales M & Dominguez V. 2nd International Conference on Prevention of Infection, Nice, France, 4-5th May 1992
5 Lloyd G et al.Centre for Applied Microbiology and Research, 1997.
6 Lloyd G et al.Anaesthesia and Intensive Care 1997;25:235-238.
7 Pan L. et al.Pall Corporation Technical Report BCF2, 1995