タンジェンシャルフロー・フィルトレーション用途

実験室規模の濃縮、脱塩およびバッファー交換プロセスの合理化

ミニメイトタンジェンシャルフロー・フィルトレーション(TFF)システム

最高で1リットルを処理するミニメイト TFFシステムとカプセルで生産性を向上。

TFFの作用によって、メンブレンのファウリングを効果的に制御するメンブレンの表面全体で、サンプルフローの均一で緩やかな再循環が実現されています。メンブレンの表面全体を使用することで透過流束速度が改善され、処理時間を大幅に削減して生産性を向上させます。

  • プラグアンドプレイ - ミニメイト TFFカプセルを組み込み、サンプルを追加し、ポンプの電源を投入して処理を開始します。ミニメイト TFFシステムは使い方が簡単で、必要なすべてのハードウェア、チューブ、取り付け部品が含まれています。
  • 洗浄とメンテナンスが簡単 - システムの構成部品は組み立てと分解がしやすいように設計されており、工具は必要ありません。チューブと取り付け部品は、簡単にすばやく交換できます。
  • 高い濃縮の倍率 - 下部が円錐形のリザーバーを使用することでシステムの作業量を少なくすることができ、高い濃縮倍率が実現されます。

ミニメイトタンジェンシャルフロー・フィルトレーション(TFF)カプセル

  • クリティカルでない用途でコスト効果の高い設計 – ミニメイト TFFカプセルのプラスチック構造とオメガPES限外ろ過メンブレンの化学薬品適合性により、洗浄と再使用が容易になりました。
  • スケールアップ可能 – 一部のミニメイト TFFカプセルは、増加されたメンブレン面積と並行して接続できます。ミニメイト TFF capsules have the same path length and materials of construction as larger Pall セントラメイト™ and セントラセット™ cassette systems used in pilot and production plants.
 







Pall Preferred Online Lab Community
  • 効率的 – 濃縮とダイアフィルトレーション (脱塩またはバッファー交換) のプロセスを、ユーザーの操作を最小限に抑えながら同じシステムで容易に行うことができるため、時間を節約でき、移送ステップに関連する製品の損失を回避できます。ミニメイトTFFカプセルの使用により、撹拌セルデバイスに比べ、処理時間が大幅に短縮

ミニメイトTFFカプセルの使用により、撹拌セルデバイスに比べ、処理時間が大幅に短縮

ミニメイトTFFカプセルの使用により、撹拌セルデバイスに比べ、処理時間が大幅に短縮350mLの撹拌セルデバイスまたはミニメイトカプセルで、2mg/mL BSA溶液を10倍 (1000から100mL) に濃縮しました。ミニメイトカプセルには組み立て済みのオメガ 10Kメンブレンが含まれています。クロスフローは、約15mL/minの初期ろ液流量を得るために、還流液ループ逆圧が適用され、50mL/minで設定されています。撹拌セルデバイスでは、ポリエーテルスルホン (PES) または再生セルロース (RC) ディスクを使用し、ろ過した空気によって55psiで加圧され、約6mL/minの初期ろ液流量を得ました。エラーバーは、5つの個別の実行での標準的なエラーを示します。





LV セントラメイトラボ用タンジェンシャルフロー・フィルトレーション(TFF)ホルダーは、
最大4Lの実験室規模またはスケールアッププロセスの生成物を最大限に回収するように設計されています

  • タンジェンシャルフロー・フィルトレーション(TFF)プロセスの開発用のスケールアップ/スケールダウンデバイス、医薬品少量バッチ生産、スケールダウン調査、安全性および有効性研究 (フェーズI臨床) の材料の生産。
  • ホールドアップ体積が小さいため、少量から開始して高い濃縮倍率を実現できます。量産プラントに対応できる完全なTFFシステムにより、開発研究所で一般的に生成される量を使用して最適化できます。
  • Identical path lengths provide linear scale up to Pall セントラメイト and セントラセット‘ cassette holders.LV セントラメイトホルダーは、さまざまなポンプに接続し、拡張性を高めることができます。
  • ルアーロックが備わったポートを、研磨された316Lステンレススチールに簡単に接続できるため、生産スケールのセントラセットホルダーと同じ適合性を実現できます。

セントラメイトおよびセントラメイトPEラボ用タンジェンシャルフロー・フィルトレーション(TFF)ハードウェアは、プロセス開発および1~125Lの小規模の生産に最適です

  • 別のメンブレンカセット[それぞれ0.09m2 (1 ft2)]を追加することによって、ろ過面積を5 ft2に拡張できます。セントラメイトホルダーでは最大5個のカセットを使用でき、セントラメイトPEホルダーでは最大4個のカセットを使用できます。
  • Identical fluid path lengths provide precise linear scale up to larger process systems available through Pall Life Sciences BioPharm group.
  • カセットは、システムの配管を外すことなく簡単に取り外すことができます。
  • ホルダーは、316 Lステンレススチールタイプ (セントラメイトシステム) や、経済的な価格で耐久性の高い超高分子量ポリエチレン (セントラメイトPEシステム) で使用できます。

ウルトラセットラボ用タンジェンシャルフロー・フィルトレーション(TFF)デバイスは一体型で、200mL~5Lの処理に最適

  • 大きな膜面積により、サンプルを迅速に処理できます。
  • 2つのフローチャネルセパレーターを選択できるため、ろ過性能を最大限に制御できます。
  • バイオハザードサンプルの処理に理想的です。一体型のデバイスにより、汚染またはメンブレンの破損の可能性を最小限に抑えます。
  • 再使用または使い捨て可能です。洗浄して再使用できます。