ろ過滅菌用途

Pall offers the widest selection of products to meet your specific sterile filtration needs.弊社のろ過メンブレンは、5mL未満から数百リットルまでの量を処理する試験、研究デバイスの構成で使用することができます。パイロットレベルでのバッチ処理を容易にするために、弊社のスケールアップ可能なメンブレンをお選びください。用途に適したデバイスを選択する際は、次の点を考慮してください。

  • ろ過量の検討

    最適な有効ろ過面積 (EFA) を選択することで、スループットを最大限にまで高めて、フィルター交換を最小限に抑えることができます。ろ過される量が多くなればなるほど、選択するフィルターの直径は大きくなります。ただし、ホールドアップ容量 (フィルターに捕捉される流体) はフィルターの直径に応じて増加するため、少量または高価なサンプルでは、小容量向けのデバイスを使用する必要があります。

    • 少量のサンプル: サンプル量が少ない場合は、滅菌シリンジフィルターを使用できます。詳細はこちら...
    • 量が中程度のサンプル: 2、3リットルまでのろ過であれば、中サイズのフィルターから選んで使用できます。詳細はこちら...
    • 大量のサンプル: 大容量 (5リットル以上) の場合は、プリーツ状のメンブレンを搭載したカプセルフィルターを推奨します。カプセルフィルターは、プリーツ状のメンブレンデザインを使用することで、より大きな表面積を利用できます。詳細はこちら...

  • 液体特性の検討

    ろ過用メンブレンを選ぶときは、対象サンプルの液体特性と要求されるろ過の程度を考慮する必要があります。弊社のメンブレンはろ過に関する幅広い課題に応えるように開発されており、次のような特別な機能があります。

    • (液体の粘度) プレろ過: 溶液中に粒子が多く含まれていればいるほど、タンパク質濃度が高ければ高いほど、ろ過が困難になります。このような溶液をろ過する効率的な方法は、プレフィルターが組み込まれているフィルターやEFAの高いフィルターを使用することです。詳細はこちら...
    • 低タンパク質結合: ろ過時にタンパク性溶液からのタンパク質の損失を最小限に抑えるために、低い非特異的結合を示すスーポアメンブレンをご利用ください。詳細はこちら...
    • DMSO適合性: DMSOセーフのアクロディスクシリンジフィルターを使用すると、DMSOを含む溶液を滅菌ろ過して細胞解凍時の予期しない汚染を排除できます。詳細はこちら...
    • マイコプラズマ捕捉: マイコプラズマの減少について、0.1μm孔径のデバイスが検証されています。詳細はこちら...
  ろ過滅菌および清澄化

ろ過滅菌製品

ろ過滅菌用途
ろ過滅菌:小容量のサンプル
ろ過滅菌:容量が中程度のサンプル
ろ過滅菌:大容量のサンプル
液体の粘性 (プレろ過)
タンパク質濃度 (低タンパク質結合)
ろ過滅菌:DMSO適合性
ろ過滅菌:マイコプラズマ捕捉

ろ過滅菌製品セレクションガイド

ウェブキャスト:バキュキャップ真空ろ過デバイスを実際にご覧ください。

Pall Preferred Online Lab Community