サイズ排除クロマトグラフィー

サイズ排除クロマトグラフィー (ゲルろ過とも呼ばれます) は分子サイズに基づいて分子を分離します。このクロマトグラフィーは、レジンまたはメンブレンを使用して適用できます。メンブレンを使用すると、サイズの小さい分子は通過しますが、サイズの大きい分子 (所定の分画サイズ以上) はメンブレン上に残ります。レジンを使用すると、サイズの大きな分子はレジンを通過/フローして最初に集められますが、サイズの小さな分子は粒子がレジンの孔内に入るため通過に時間がかかります。そのため、レジンを使用した場合、サンプルは分子量を減らしながらレジンを通過します。一般的なサイズ排除用途には、濃縮、分画、脱塩、およびバッファー交換があります。

サイズ排除は、定組成溶離を使用してサンプルを処理するため、最も簡単に実行できるクロマトグラフィー法の1つです。サイズ排除ではその分析フォームで、分子量の差が2倍未満の分子 (タンパク質など) を分離することができます。この用途では、使用するろ過担体の多孔性を選択して、対象範囲の分子量の高分解能を実現します。

 

 
サイズ排除の種類 Pall Products
核酸濃度
核酸脱塩/バッファー交換
タンパク質
分画
 
  クロマトグラフィー

クロマトグラフィー製品

クロマトグラフィー用途
アフィニティークロマトグラフィー
界面活性剤除去
HCIC
ハイドロキシアパタイトクロマトグラフィー
イオン交換クロマトグラフィー
サイズ排除クロマトグラフィー

クロマトグラフィー・セレクションガイド

クロマトグラフィーカラム

Pall Preferred Online Lab Community


クリックしてこのセクションを展開するまたは折りたたむSite Map of Pall's Complete Range of Chromatography Technologies