タンパク質濃縮 (低結合)-滅菌ろ過

一般的に、血清を含まないメディアおよびバッファーは、血清を含むメディアよりもろ過が簡単です。しかし、このような溶液ではタンパク質の濃度が非常に低くなります。このことを踏まえて、低タンパク質結合シリンジフィルターを選択することが非常に重要です。結合とは、フィルターメディアまたはその他のフィルターコンポーネントとの親和性を持つ物質の特性です。タンパク質の濃度が低い溶液をろ過する場合、フィルターによっては有効なタンパク質性成分が失われることがあります。To minimize protein loss during filtration of proteinaceous solutions, choose products with Pall's スーポア membrane:

タンパク質とDNAの希釈溶液のろ過についてはこちらをご覧ください

  ろ過滅菌および清澄化

ろ過滅菌製品

ろ過滅菌用途
ろ過滅菌:小容量のサンプル
ろ過滅菌:容量が中程度のサンプル
ろ過滅菌:大容量のサンプル
液体の粘性 (プレろ過)
タンパク質濃度 (低タンパク質結合)
ろ過滅菌:DMSO適合性
ろ過滅菌:マイコプラズマ捕捉

ろ過滅菌製品セレクションガイド

ウェブキャスト:バキュキャップ真空ろ過デバイスを実際にご覧ください。

Pall Preferred Online Lab Community