液体の粘度 (プレろ過) - 滅菌ろ過

ろ過用メンブレンを選ぶときは、対象サンプルの液体特性と要求されるろ過の程度を考慮する必要があります。溶液中に粒子が多く含まれていればいるほど、タンパク質濃度が高ければ高いほど、ろ過が困難になります。このような液体はフィルターの目を詰まらせるので、1つのバッチを処理するのに複数のフィルターが必要になる可能性があり、それに応じて、ろ過のコストも高くなります。このような溶液をろ過する効率的な方法は、プレフィルターが組み込まれているフィルターやEFAの高いフィルターを使用することです。Pall Life Sciences can recommend an efficient filter for your toughest application needs.次のような技術と統合プロセスがあります。

組み込みプレフィルターは、粘性のある粒子含有溶液またはタンパク性溶液のスループットを改善します。

組み込みプレフィルターは、粘性のある粒子含有溶液またはタンパク性溶液のスループットを改善します。

0.2µmのスーポアメンブレンを使用するアクロディスクシリンジフィルターおよびアクロディスク PFシリンジフィルターを使ってウシ血清またはバクテリア培養液 (107cfu/mL) を1.4bar (140kPa、20psi) の定圧下で処理。

Pall also offers a variety of prefiltration and clarification devices optimized for non-critical or coarse filtration.

  ろ過滅菌および清澄化

ろ過滅菌製品

ろ過滅菌用途
ろ過滅菌:小容量のサンプル
ろ過滅菌:容量が中程度のサンプル
ろ過滅菌:大容量のサンプル
液体の粘性 (プレろ過)
タンパク質濃度 (低タンパク質結合)
ろ過滅菌:DMSO適合性
ろ過滅菌:マイコプラズマ捕捉

ろ過滅菌製品セレクションガイド

ウェブキャスト:バキュキャップ真空ろ過デバイスを実際にご覧ください。

Pall Preferred Online Lab Community