DNAの精製方法

多孔質マトリックスへの結合

この方法には、以下のような例があります。

  • 高塩濃度の懸濁バッファーを用いてDNAをシリカマトリックスに結合させ、低塩濃度のバッファーで溶出します   
  • 陰イオン交換メンブレンを利用したイオン交換クロマトグラフィー

ムスタング陰イオン性および陽イオン性メンブレン吸収剤Pall has developed unique membrane technology in the form of ムスタング™ anionic and cationic membrane adsorbers, which allows purification of nucleic acids and proteins using ion exchange chromatography.ムスタングの製品ラインは、核酸除去用品として、例えばワクチンなどの治療用品からDNAを除去する清澄化技術など、プロセスストリームから核酸を除去する際に選択される技術として既に確立されています。ムスタング吸着メンブレンモジュールは、遺伝子治療薬品用のプラスミドDNAの精製での利用価値が実証されています。Another novel product developed by Pall to streamline nucleic acid purification is the plasmid lysate clearance plate which allows purification of plasmid DNA.たとえば、これらのプレートは、バクテリアまたは酵母クローンライブラリの一部として真核の配列を実現するベクターとして使用できます。
 









Pall Preferred Online Lab Community

サイズ排除

限外ろ過 (UF) は、メンブレンを用いて、液体中のごく微小な粒子や溶解分子を分離する技術です。分離の主要因は分子のサイズによるものですが、分子の形状や荷電といった要素も関与します。メンブレンを使用しない処理に比べ、限外ろ過は対象とする分子に穏やかかつ高速で処理が行え、比較的安価です。Methods for purifying nucleic acids using the Pall ナノセップ® device, which contains a membrane operating by molecular weight size exclusion, are well established and covered in the application guide, “ナノセップ Centrifugal Devices Protocols for Use.” The methods described allow rapid, simple recovery of high yields of purified DNA.パラレル処理用マルチウェルプレートフォーマットでの生物サンプルの精製にも利用可能です。

化学的抽出

この手法では、クロロホルム/フェノールなどの溶媒を用いて細胞成分を可溶化したり、続く精製工程に向けて、密度勾配による遠心分離などによってDNAを分離します。この手法の問題点は、使用した抽出溶媒の廃棄処理とDNAの純度と回収率にあります。