クロマトグラフィー用途

  • アフィニティークロマトグラフィー

    親和性クロマトグラフィーでは、選択されたリガンドの特性に基づいて化合物を分離します。このとき、固体マトリクスに結合させるために、分子に対して特定の親和性が選択されます。詳細はこちら...
  • 界面活性剤除去クロマトグラフィー

    生物製剤の画分からの吸着剤と界面活性剤の排除は必要な作業であり、レジン分配、サイズ排除、親和性、C18での植物油と逆相クロマトグラフィーを組み合わせたバッチ抽出など、さまざまな方法で達成することができます。詳細はこちら...
  • 疎水性電荷相互作用
    クロマトグラフィー (HCIC)

    HCICは、イオン化されたデュアルモードリガンドのpH依存的挙動に基づいています。吸着は、穏やかな疎水性相互作用に基づいていて、離液性または他の塩を追加しなくても達成されます。脱着は、電荷反発に基づいています。詳細はこちら...
  • ハイドロキシアパタイトクロマトグラフィー

    ハイドロキシアパタイトクロマトグラフィーは、「疑似親和性」クロマトグラフィー、または「ミックスモード」のイオン交換と見なされています。従来のイオン交換や疎水性相互作用技術に付随する生体分子選択性が提供されるため、さまざまなプロセスにおいて効果的な精製メカニズムであることが実証されています。詳細はこちら...
  • イオン交換クロマトグラフィー 

    イオン交換クロマトグラフィーは、ネット荷電処理に基づいた化合物を分離します。詳細はこちら...
  • サイズ排除クロマトグラフィー

    サイズ排除クロマトグラフィーは分子サイズに基づいて分子を分離します。このクロマトグラフィーは、レジンまたはメンブレンを使用して適用できます。詳細はこちら...
  • LRCクロマトグラフィーカラム

    空のガラス製クロマトグラフィーカラムもご利用いただけます。続きを読む...
  クロマトグラフィー

クロマトグラフィー製品

クロマトグラフィー用途
アフィニティークロマトグラフィー
界面活性剤除去
HCIC
ハイドロキシアパタイトクロマトグラフィー
イオン交換クロマトグラフィー
サイズ排除クロマトグラフィー

クロマトグラフィー・セレクションガイド

クロマトグラフィーカラム

Pall Preferred Online Lab Community
クリックしてこのセクションを展開するまたは折りたたむSite Map of Pall's Complete Range of Chromatography Technologies