ボトル入り (バルク) クロマトグラフィーレジン

バイオマーカー探索、プロテオミクス研究、医薬品開発のためのタンパク質の精製や分画の簡素化

親和性、イオン交換、サイズ排除、疎水性相互作用、およびハイドロキシアパタイト・クロマトグラフィー用途のために設計されたこれらの製品により、次のことが実現します。

  • 真のスケーラビリティ。ポールは、医薬品製造を通じた小規模な検出に対しても同じレジン化学抵抗性を提供します。
  • 多用途性。ボトル入りレジンは大小のサンプルサイズで使用でき、精製のシングルユースにもハイスループット方式にも対応します。ベースレジンは、ターゲットの用途によって異なり、いくつかのポールのデバイス設定と組み合わせて使用できます。
  • 高流量で高い結合能力。化学、孔径、および吸着剤の直径などの属性を用途に応じて調整することで、ポールのレジンとカラムは高性能の特性を呈します。

The chromatography resins below are available in packages from 25 mL to 1000 mL for laboratory applications and can be scaled up to the largest production scales to accommodate the volumes and processes found in the biopharmaceutical industry.

用途

  • 界面活性剤の除去 (SDR HyperD吸着剤)
  • タンパク質の分画 (Q、S、DEAE、CM Ceramic HyperD吸着剤)
  • さまざまなサンプルタイプからのIgG精製 (Protein A Ceramic HyperD F吸着剤)
  • アルブミン現象 (Blue トリサクリル M吸着剤)

製品データシート

アフィニティー・クロマトグラフィーレジン

Blue トリサクリル® M Chromatography Resin
Blue トリサクリル Mアフィニティー・クロマトグラフィーレジンリン酸化酵素、アルブミン、インターフェロンおよび凝固要素など、幅広い酵素やタンパク質の精製に使用可能なアフィニティークロマトグラフィー担体です。ベースマトリクスはトリサクリルGF2000です。これは、Cibacrons Blueが共有結合で固定化されている微孔性の非イオンレジンですシバクロンブルーF3GA色素は、6つの炭素スペーサーアームを通じてマトリックスと強く結合しています。この反応はEEDQ結合剤によって起こります。このタイプの結合では、通常の使用条件下では、色素の漏出を防ぐことができます。

  クロマトグラフィー

クロマトグラフィー製品
ボトル入りクロマトグラフィーレジン
イオン交換クロマトグラフィー・メンブレンデバイス
1mLパック済みクロマトグラフィーカラム

クロマトグラフィー用途

クロマトグラフィー・セレクションガイド

クロマトグラフィーカラム

Pall Preferred Online Lab Community
Heparin HyperDクロマトグラフィーレジン
Heparin HyperDアフィニティー・クロマトグラフィーレジン凝固因子、成長因子、リポタンパク質などのヘパリンに結合する生体分子の精製に使用される、高速かつ高容量のアフィニティー調整レジンです。このレジンは、高流量で高い結合能力を示します。Heparin HyperD Mアフィニティーレジンは、硬質ビーズの大きな孔の中に高容量のハイドロゲルが重合したものです。柔らかくて高容量を特長とするハイドロゲルを、高次元の安定性を持つ硬質ビーズと融合させた設計になっています。

Lysine HyperD
リジンハイパード・アフィニティー・クロマトグラフィーレジンヒトや動物種の血漿由来のプラスミノーゲンなどのリジンと結合する生体分子の精製のための高速かつ高容量のアフィニティー調製レジン。このレジンは、高流量で高い結合能力を示します。Lysine HyperD アフィニティーレジンは、硬質ビーズの大きな孔の中に高容量のハイドロゲルが重合したものです。柔らかくて高容量を特長とするハイドロゲルを、高次元の安定性を持つ硬質ビーズと融合させた設計になっています。

Protein A Ceramic HyperD F
プロテインAセラミック・ハイパードFアフィニティー・クロマトグラフィーレジン免疫グロブリンGのプロセス規模の精製のために設計された高容量アフィニティーレジン。レジンは、使いやすさと高結合能力、優れたスケーラビリティを兼ね備えています。Protein A Ceramic HyperD Fレジンは、硬質な独自のセラミックビーズの使用にも対応しています。組み換えタンパク質Aは、多孔質セラミックビーズ内で特別に形成されたハイドロゲルに固定化されます。

イオン交換クロマトグラフィー

Ceramic HyperD
Q、S、DEAE、CM Ceramic HyperDイオン交換クロマトグラフィーレジンGel-in-a-shell設計により、優れた動的容量と類を見ない寸法安定性が得られ、卓越した生産性が実現します。タンパク質はハイドロゲル内で高速に拡散し、強化された拡散として知られるプロセスである、高速な生成物摂取が容易になります。


ミックスモードクロマトグラフィー

HA ウルトロゲル
HA ウルトロゲルハイドロキシアパタイト・クロマトグラフィーレジン研究・開発規模から製造まで、生物分子の分離のためのハイドロキシアパタイト・アガロース複合レジンです。HA ウルトロゲルは、閉じ込められたヒドロキシアパタイトを含む微結晶との球状アガロースビーズに基づいた3次元架橋複合体です。

HEAおよびPPA HyperCel
HEAおよびPPA HyperCelミックスモード・クロマトグラフィーレジン医薬品環境におけるタンパク質の捕捉や不純物の除去を目的とした工業用に拡張可能な新しいクロマトグラフィーレジン。「ミックスモード」メカニズムで操作するクロマトグラフィーの動作は、タンパク質とリガンドの静電特性と疎水性特性の組み合わせに基づいています。HEAおよびPPA HyperCelレジンは、プロセス開発を簡素化するために検査するという、従来のイオン交換やHICでは利用できなかったさまざまな独自の選択肢を提供します。たとえば、ミックスモードの相互作用メカニズムは、イオン交換などの方法では実行できない分離である、類似しているか非常に近い等電点を持つタンパク質の区別を実現するために探求できます。

MEP HyperCel
MEP HyperCel疎水性電荷誘導クロマトグラフィー (HCIC) レジンモノクローナルおよびポリクローナル抗体の捕捉と精製を意図した高容量、高選択性レジン。HCICは、イオン化できるデュアルモードのリガンドのpHに依存した挙動に基づいています。MEP HyperCelレジンは、抗体選択リガンドの4-メルカプトエチルピリジン (4-MEP) を伴います。吸着は、穏やかな疎水性相互作用に基づいていて、離液性または他の塩を追加しなくても達成されます。脱着は、電荷反発に基づいています。pHを減少させることによって実行されます。

SDR HyperD
SDR HyperD溶媒/界面活性剤除去クロマトグラフィーレジン 生物流体から溶媒および界面活性剤を除去するために設計された固有のレジン。SDR HyperDレジンは、孔容量が3次元架橋疎水性ポリマーで満たされているシリカビーズから作られています。SDR HyperDレジンは、粒子サイズの分布 (40~100µm)、小さい孔径のシリカビーズ、および化学基の疎水性により、生体液体からの特定の溶媒/界面活性剤の除去のための優れたツールとなります。