アクロディスク PSFシリンジフィルターが自動サンプル処理を促進

HPLCおよびUHPLC自動サンプル処理およびサンプルの清澄化に最適

  • 孔径の正確な評価 - アクロディスク PSFシリンジフィルターは、標準の25mmデバイスより捕捉効率に優れ、単層メンブレンまたは多層グラスファイバー・プレフィルターと共に使用できます。
  • 優れたHPLCカラム保護 - 優れた捕捉効率により、カラムの寿命を46倍に伸ばします。
  • 迅速で容易なろ過 - GxF多層プレフィルターにより、標準のグラスファイバー・プレフィルターデバイスよりスループットが2~4倍に向上しています。
  • 安全機能 - フィルターハウジングは、使用中のフィルターのバーストを回避するために、高い操作圧力に耐えられるよう設計されています。
  • 多目的 - GHP親水性ポリプロピレンメンブレンと共に使用でき、最高の耐薬品性、高速の流量、低タンパク質結合、および低レベルの紫外線吸収溶出物を実現します。
  • 自動化認証済み - SOTAXuおよびZymarku自動化試験システムで使用するための完全な適合性および信頼性を実現するよう設計されています。

認証

自動化認証

Pall's アクロディスク PSF syringe filters are the only syringe filters to receive SOTAX and Zymark Automation Certified guarantees.この認証は、自動注入、ロボットによる操作、SOTAX溶解システムへの適合と操作の厳しい要件を満たしたシリンジフィルターに対して与えられます。アクロディスク PSFシリンジフィルターには、SOTAXおよびZymark自動化ワークステーションで使用するための完全な適合性があり、1日24時間、スムーズな操作と問題のない性能が容易に実現されます。

HPLCで認証済み

Pall Life Sciences certifies アクロディスク PSF syringe filters with PTFE, nylon, PVDF, and GHP membrane to be low in UV absorbing extractables.これらのフィルターには、確立されたHPLC手順を使用して、一般的なHPLC溶剤 (水、アセトニトリル、およびメタノール) との適合性試験を行いました。アクロディスク PSFシリンジフィルターの統計的サンプリングからのろ液を収集し、3つの一般的な波長でのグラジエント移動相状態で検査しました。溶剤のブランクとサンプルのクロマトグラムを比較しました。各製造ロットのサンプルも標準に対して比較し、無関係のピークが存在するかどうかを調べました。
  分析サンプルの準備

分析用サンプル調整の用途

分析用サンプル調整のための製品

分析用サンプル調整のためのウェブキャストとポッドキャスト

分析用サンプル調整セレクションガイド

Pall Preferred Online Lab Community

イオンクロマトグラフィで認証済み

Pall Life Sciences certifies that the following Ion Chromatography (IC) アクロディスク PSF syringe filters have been tested using a highly sensitive ion chromatography technique:PN AP-4585、AP-4587、AP-4785が試験済みであることを認証します。

無機溶出物を監視するため、各ロットのサンプルを試験します。フィルターからの抽出物のバックグラウンドレベルは通常、塩化物の場合で20ppb未満、硝酸塩で6ppb未満、リン酸塩で1ppb未満、および硫酸塩で10ppb未満です。

性能

捕捉効率

アクロディスク PSFフィルターの捕捉効率は、HPLCカラムを直接的に長持ちさせることができます。また、フィルターの捕捉効率が高いほど、微小な未溶解の粒子を除去できます。このような粒子は、HPLCカラムのヘッドに残り、分析中に溶解すると分析結果に影響を与える可能性があります。以下のグラフは、注入前にサンプルをろ過することで、HPLCカラムの寿命を最大46倍延ばせることを示しています。研究の詳細については、「シリンジフィルターの効率とHPLCカラムの寿命に及ぼすろ過の影響に関する科学および技術レポート」(PN 33312) を参照してください。

図 1
HPLCカラムの寿命に及ぼすフィルターの影響

プレろ過

GxF アクロディスク PSFシリンジフィルターにはシリアル・グラスファイバー・プレフィルターが装着されており、標準のグラスファイバー・プレフィルターデバイスよりスループットが大幅に向上し、流速が速くなっています。多層プレフィルターは、40より大きい粒子から1µmまでの粒子をトラップします。

図2
アクロディスク PSFシリンジフィルター

図3
シリンジフィルターの比較

A significant improvement in the amount of three difficult-to-filter solutions is seen with the addition of Pall Life Sciences prefilters.ビタミン (3錠/L)、ベネドリル* (12錠/L)、およびオレンジジュース (濃縮タイプ) の溶液は、室温で5psiでろ過されました。流量が1滴/秒を下回るまで、スループットを測定しました。すべてのデバイスに0.45µmのメンブレンと段階的な密度のグラスファイバー・プレフィルターが装着されています。エラーバーは、標準偏差を示します (n = 10)。

自動化

アクロディスク PSFシリンジフィルターは、自動化システムの厳しい要件を満たし、フィルター間のスムーズな分離、ターレットの継続的な動作、きわめて高いハウジング強度、厳密な外部フィルターの形状などの重要な基準を実証するよう特別に設計されており、適切なアライメントと一貫性のある操作が保証されます。

Pall’s アクロディスク PSF syringe filters are manufactured to the critical tolerances necessary to ensure accurate and reliable performance.これらのフィルターは、ハウジングを統一し、入口および出口の設計を最適化するように、特定の寸法に従って設計されています。一貫したフィルターの供給、配置、および自動化されたワークステーションを通じた各フィルターの操作を可能にするには、これらの重要な寸法に厳密に従うことがきわめて重要です。

For a copy of the automation certification report, see Certification of Pall アクロディスク PSF Syringe Filters for Use with Zymark* Workstations.

きわめて高いハウジング強度

ワークステーションのフィルターホルダーによって軟弱なフィルターハウジングが圧縮されると、フィルターが曲がったり、圧迫されたりします。このような圧迫によって、有効ろ面積が減少し、メンブレンが早期に目詰まりを起こす可能性があります。目詰まりが起こると、次の3つの状況のいずれかが発生する可能性があります。
  1. フィルターとワークステーションのフィルターホルダー・シール間のリーク
  2. 背圧の上昇により操作がシャットダウンされる
  3. フィルターハウジングのバースト

アクロディスク PSFシリンジフィルターでは、フィルターの圧迫は問題になりません。特別に設計された補強リブ構造、厚い壁、および独自のハウジング溶接により、内部および外部からの過度の力に耐えられる堅牢なシールとフィルターハウジングを実現します。

図4
フィルターの圧迫の比較 (競合他社のデバイスとアクロディスク PSFシリンジフィルター

フィルター間のスムーズな分離

フィルター同士がなかなか分離しなかったり、ろ過ステーションにあるワークステーションのフィルターホルダー・ルアーまたはフィルターの重りから分離しなかったりすると、フィルターの密着が発生します (フィルターの重りは、フィルターのディスペンサーの穴に付いています)。フィルターが重りや注入領域の次のフィルターから分離しないと、ターレットが動かなくなります。ワークステーションのセンサーによってフィルターが所定の位置に進んでいないことが示され、システムは「エラー」になるか、シャットダウンします。

アクロディスク PSFシリンジフィルターは、フィルターが互いに、または自動化コンポーネントに対して強く押さえつけられることがないよう設計されており、ANSI/ISOのフィルタールアー基準を満たしながら、スムーズに分離します。

図5
フィルター間のスムーズな分離

厳密な「外部フィルターの形状」

自動化された装置におけるスムーズな操作には、一貫したフィルター寸法が重要です。アクロディスク PSFシリンジフィルターでは、適切なアライメントと、フィルタールアーおよび装置間の配置を可能にするために、厳密な寸法仕様を採用しています。

図6
一貫したフィルター寸法

ターレットの継続的動作

Zymark TPW3、SOTAX CTS、Zymark APW3システムなどのシステムのターレットまたは回転式コンベヤーが回転してフィルターを放出する際に、スタックの一番下にあるフィルターがフィルターセパレーター領域に下降し、くさび機構によってフィルタースタックからフィルターが分離されます。フィルター同士が強く押されると、ターレットはフィルターを分離するだけの十分な力をかけることができません。たまにこのような状況が発生すると、ターレットが回転しようとしているときに、フィルタースタックはディスペンサーを「飛び越え」、シリンジフィルターの角ばった肩部がセパレーターのくさびの端に引っ掛かります。ターレットが静止し、フィルターが放出されないと、システムはエラーとなり、シャットダウンされます。

アクロディスク PSFシリンジフィルターでは、すばやく分離するフィルタールアーによって簡単に分離できます。デバイスの上方の肩部は丸みを帯びているため、フィルターはくさびの下を連続してスライドし、フィルタースタックから問題なく分離されて、ワークステーションの軌道に沿ってフィルターがスムーズに前に進みます。

図7
ターレットの継続的動作


トップページへ

化学薬品適合性ガイド

 
溶剤 GxF/GHP、GxF/PTFE、GxF/グラス、GHP、PTFE HT タフリン バーサポア GxF/ナイロン、ナイロン IC、スーポア (PES) GxF/PVDF、PVDF
アセトン R NR NR R** NR* NR
アセトニトリル R NR NR R** R R
酢酸、グレーシャル R R NR NR* R R
n-ブタノール R R R R* R R
クロロホルム R NR NR R* NR R
ジメチルホルムアミド R NR NR R** NR NR
ジメチルスルホキシド R NR NR R** NR NR
エタノール R R R R* R R
酢酸エチル R NR R R** NR R
エチルエーテル R NR R R* R R
フロンTF R R* LR R
塩酸 (1N)          R R NR R R
 

 
溶剤 GxF/GHP、GxF/PTFE、GxF/グラス、GHP、PTFE HT タフリン バーサポア GxF/ナイロン、ナイロン IC、スーポア (PES) GxF/PVDF、PVDF
ヘキサン (ドライ) R R R R LR R
メタノール R LR R R* R R
塩化メチレン R NR NR R* NR R
メチルエチルケトン R NR NR NR** NR NR
N-メチルピロリドン R R* NR R
イソプロパノール R R R R* R R
水酸化ナトリウム (3N) LR R R R R NR
テトラヒドロフラン R NR NR R* NR NR
テトラヒドロフラン/水 (50/50) R R* R
トルエン R NR R R** R R
R R R R* R R
 

R = 耐性あり。流量やバブルポイントに大きな変化は観察されませんでした。
LR = 耐性に制限あり。メンブレンの物理特性にわずかな変化が観察されました。
NR = 耐性なし。メンブレンは基本的に不安定です。ほとんどの場合、過度の収縮や膨張が発生します。
  = 不十分なデータ
* = UV吸収度は254nmで設定されました
** = UV吸収度は365nmで設定されました


トップページへ

製品と用途

製品の詳細と仕様については、以下を参照してください。

トップページへ