ポール・クリンリネス・キャビネット

部品清浄度測定 (残渣測定)


流体システムはさらに進化しています。付着残渣異物管理基準はより厳しくなっております。このため、製造工程において、清浄度管理レベルの向上が要求されています。すべての製造部品は、システムに汚染をもたらす可能性があります。

部品清浄度の維持により、欠陥を防ぐことができます。


ポール・クリンリネス・キャビネット(PCC)は、正確で高い信頼性と再現性のある自蔵式ユニットです。部品表面に付着した異物を抽出し測定します。

PCCにより、作業者は、ISO 18413, ISO 16232、VDA 19に準拠して、製造部品清浄度を測定することができます。
 

PCCが選ばれる理由

再現性のある清浄度確認や基準なしでは、ISO清浄度規格を順守することはできません。
  • 部品清浄度測定に適した反復可能自動プロセス
  • 短時間(50%速く)でサンプリングテストを開始できるようにブランク値に到達
  • ヒューマンエラーを起こしにくい
  • より迅速な品質不具合箇所の特定、再処理や手直しが少ない
HEPAフィルター搭載のラミナーエアフローによるクリーンルーム環境を持っているキャビネット
  • 確実な測定結果、環境交差汚染のリスクなし
  • 作業員が、有害な化学薬品や圧力装置に接触しない
防護壁なしで、作業区域に自由に立ち入り可能
  • 作業員による汚染のリスクを軽減
  • 部品の取り扱いが簡単
標準ラボ用として、操作しやすく、広い作業スペースを持つ測定装置
  • 部品サイズや設置場所に適した大きさの装置
 



 
  PCCSは小型部品用です。例: ベアリング、パラスティックホース、インジェクター、ギアボックス部品等

  PCCMは中型部品用です。例: 小型ロッド、クランク軸、カム軸、アクチュエーター等

 
PCCMとPCCSのどちらもカラータッチスクリーンは、操作が簡単な採用しています。
 


各種部品清浄度管理用キャビネット
  • PCCS : 小型キャビネット
  • PCCM : 中型キャビネット
  • PCCL : 大型キャビネット
  • PCC-FR : フラッシング装置
  • PCC-41KC : 中型キャビネット(アジア地区向け)

部品清浄度管理(CCM)

部品清浄度管理(CCM ) プログラムでは、正確で信頼性のある、繰り返して利用可能な部品と流体の清浄度測定に関する製品、サービスを提供しています。

CCMプログラムには、クリーンリネス・キャビネットの供給、清浄度評価、仕様開発、およびカスタマイズされたトレーニングが含まれています。これらはすべて、当社のお客様のご協力により、インプラントプロセスが最適化されました。

部品清浄度管理についての詳細は最寄のポールまでお問い合わせください。