Breaking The Chain Reaction Of Wear

M.I.T.のE. Rabiniwicz博士の研究によると、部品交換または「使えなくなる」ものの70%は表面の劣化が原因であるとの結果が得られました。油圧システムや潤滑システムでは、このような交換の20%は腐食が原因で、50%は機械的摩耗が原因です。

アブレシブ摩耗の結果生成される粒子は、摩耗が加わってさらに硬化するため、元の表面よりも硬くなります。このような粒子を適切なろ過によって除去しないと、粒子が再循環し、さらなる摩耗の原因になります。高性能ろ過を採用してこの摩耗の連鎖を断ち切らない限り、この「摩耗の連鎖反応」は継続し、システム内の部品が短期間で故障することになります。

Pall ウルチポア III ® filters with ß x > 200 removal efficiency ensure cleaner fluids for long component life, maximum system reliability, and lower operating costs.