インクジェット用インク製造

ポリファインXLD(デジタル用インク製造向け)

インクジェット・プリンターを正しく動作させるには、インクジェット・インクの清浄度が非常に重要です。適切にろ過されたインクであれば、プリンター出力品質の安定とパージサイクル間の期間の長期化を実現できます。

オフィスプリンター用の染料系インク液、UV硬化型顔料系型インク液のどちらでも、インクジェットインク製造に要求される費用対効果の高いろ過技術を提供いたします。

インクジェット・インクの化学的組成は多様で、高い清浄度を達成するためにさまざまなろ過技術が使用されています。

試験用ろ過評価技術については、以下をご覧ください。

インクジェット・インクろ過の用途別製品

インクの種類や用途に応じて、必要なろ過技術をお選びいただけます。

サーマルインクジェット印刷向け水性インクジェット・インク

 

インクジェット印刷用ろ過の概要 - ホーム

インクジェット製造用のろ過
デジタルプリンターでのろ過
オフィス・プリンターでのろ過
工業用マーキング・プリンターでのろ過
インクジェット向けろ過製品インクジェット・インク製造用選定ガイド
Contact Pall Graphic Arts

顔料インク

サーマルインクジェット印刷で顔料インクをろ過する主な目的は、粗大な顔料および凝集物を除去し、プリントヘッドの性能を最大限に高めるために分散液を分級することです。この目標を達成すると同時にろ過にかかる費用を低く抑えることが重要です。

顔料インクのプレろ過
および最終ろ過に推奨されるフィルター:

(通常の最終ろ過要件は0.3~1.0μm):

プロファイル Ⅱ・インクジェット用フィルターカートリッジ
プロファイル IIインクジェット・フィルターカートリッジ
このフィルターは絶対ろ過精度が必要とされるインクジェット用インク製造での用途向けの製品です。

インクジェット用インク製造向けプロファイル・スター・フィルターカートリッジ
インクジェット用インク製造向けプロファイル・スター・フィルターカートリッジ
このフィルターはオールポリプロピレン製のプリーツタイプ・デプスフィルターで、プロファイル Ⅱメディアの高い収塵能力とHDC Ⅱ(プリーツ)メディア特有の高流量特性を併せ持っています。

染料インク

染料インクは顔料インクとは化学組成が異なるため、ろ過の要件が異なります。染料の未溶解物、ゼラチン状の残渣物、さまざまな夾雑物、バクテリアなどの細菌はプリンターヘッドの不良を早期に引き起こす原因となります。当社では、2段ろ過を推奨しています。

プレろ過:

ネクシス NXA・フィルターカートリッジ (インクジェット用インク製造)
ネクシス Aシリーズ・フィルターカートリッジ (インクジェットインク製造用)
このフィルターカートリッジは、テーパー孔構造で高い収塵能力を実現し寿命を向上させるために最適化された高性能デプスフィルターです。

プロファイル Ⅱ・インクジェット用フィルターカートリッジ
プロファイル IIインクジェット・フィルターカートリッジ
このフィルターは絶対ろ過精度が必要とされるインクジェット用インク製造での用途向けの製品です。

 

最終ろ過:
インクジェット用インク製造向けウォーターファイン・フィルターカートリッジ (0.2µmメンブレン)
ウォーターファイン(インクジェットインク製造用)
インクジェット・インクなどの水系流体向けに設計された、高非対称メンブレンフィルターです。特許取得済みのポリスルホンメンブレンを使用し、高流量と寿命の長期化を実現するテーパー孔構造が特徴です。

産業用マーキング向け溶剤系インク

一般的な産業用マーキングインク

産業用マーキングシステムでは、ノズルの噴射不良や目詰まりを起こすことなく安定した運転を持続させるために、夾雑物を効率よくろ過する必要があります。 このため、1µm (絶対ろ過精度) のろ過を行うことはプリンター性能を維持する上で欠かせません。

水性、ケトン、およびアルコール系溶媒を主とした製剤での推奨製品:

プロファイル Ⅱ・インクジェット用フィルターカートリッジ
プロファイル IIインクジェット・フィルターカートリッジ
このフィルターは絶対ろ過精度が必要とされるインクジェット用インク製造での用途向けの製品です。

ネクシス NXA・フィルターカートリッジ (インクジェット用インク製造)
ネクシス Aシリーズ・フィルターカートリッジ (インクジェットインク製造用)
このフィルターカートリッジは、テーパー孔構造で高い収塵能力を実現し寿命を向上させるために最適化された高性能デプスフィルターです。

高解像度産業用マーキング用インク

高解像度印刷インク向けに、幅広い精密ろ過製品を提供しています。お客様のインクの化学適合性や仕様に適したろ過製品については当社までお問い合わせください。

ピエゾ印刷向けインクジェット・インク

溶剤系顔料インク

ペイぞ印刷向け顔料系インクジェットインク用として、ろ過精度1.5μmのふぃるたーを推奨します。このフィルターを使用すると、プリントヘッドの保護性能およびインクの保存可能期間が大幅に向上します。

推奨製品:

インクジェット用インク製造向けプロファイル・スター・フィルターカートリッジ
インクジェット用インク製造向けプロファイル・スター・フィルターカートリッジ
このフィルターはオールポリプロピレン製のプリーツタイプ・デプスフィルターで、プロファイル Ⅱメディアの高い収塵能力とHDC Ⅱ(プリーツ)メディア特有の高流量特性を併せ持っています。

デジタルインク製造用ポリファイン XLD・フィルターカートリッジ
デジタルインク製造用ポリファインXLDフィルターカートリッジ
ポリファインXLD・フィルターは、デプスフィルターとプリーツフィルターの両方のろ過技術を融合した革新的な製品です。 この製品は、プリーツフィルターの特長である高流量および低圧力損失と、デプスフィルターの特長であるゲル捕捉力と長寿命を併せ持っています。

ウルチポア GFプラス・フィルターエレメント
ウルチポア GFプラス・フィルター
このフィルターには、使用寿命を長期化するために適したプリーツ構造となっています。

UV硬化型インクジェット・インク

インクジェット印刷におけるUV硬化技術の利用には、画像の耐久性や耐光性など、多くの利点があります。これらのUV硬化インクは粘度が高いため、低圧力損失でろ過する技術が求められます。さらに、インク中のゲル状夾雑物を捉えて再放出しない機能も、プリンターヘッドの性能を維持する上で非常に重要です。

推奨製品:

インクジェット用インク製造向けプロファイル・スター・フィルターカートリッジ
インクジェット用インク製造向けプロファイル・スター・フィルターカートリッジ
このフィルターはオールポリプロピレン製のプリーツタイプ・デプスフィルターで、プロファイル Ⅱメディアの高い収塵能力とHDC Ⅱ(プリーツ)メディア特有の高流量特性を併せ持っています。

デジタルインク製造用ポリファイン XLD・フィルターカートリッジ
デジタルインク製造用ポリファインXLDフィルターカートリッジ
ポリファインXLD・フィルターは、デプスフィルターとプリーツフィルターの両方のろ過技術を融合した革新的な製品です。 この製品は、プリーツフィルターの特長である高流量および低圧力損失と、デプスフィルターの特長であるゲル捕捉力と長寿命を併せ持っています。

ウルチポア GFプラス・フィルターエレメント
ウルチポア GFプラス・フィルター
このフィルターには、使用寿命を長期化するために適したプリーツ構造となっています。


インクジェット原料(顔料・染料)のろ過

高品質な最終インクの調整のためには、染料や顔料自身についても最適なろ過を行うことは極めて重要です。 顔料を適切にろ過することは、最終インクの調整を容易にし、最終的にはプリンターの総合的な性能を高めることにつながります。

0.5µm (定格ろ過精度) での顔料ろ過用の推奨製品:

プロファイル Ⅱ・インクジェット用フィルターカートリッジ
プロファイル IIインクジェット・フィルターカートリッジ
このフィルターは絶対ろ過精度が必要とされるインクジェット用インク製造での用途向けの製品です。

染料ろ過用の推奨製品 (2段階ろ過):


プレろ過:

プロファイル Ⅱ・インクジェット用フィルターカートリッジ
プロファイル IIインクジェット・フィルターカートリッジ
このフィルターは絶対ろ過精度が必要とされるインクジェット用インク製造での用途向けの製品です。

ネクシス NXA・フィルターカートリッジ (インクジェット用インク製造)
ネクシス Aシリーズ・フィルターカートリッジ (インクジェットインク製造用)
このフィルターカートリッジは、テーパー孔構造で高い収塵能力を実現し寿命を向上させるために最適化された高性能デプスフィルターです。


最終ろ過:

インクジェット用インク製造向けウォーターファイン・フィルターカートリッジ (0.2µmメンブレン)
ウォーターファイン(インクジェットインク製造用)
インクジェット・インクなどの水系流体向けに設計された、高非対称メンブレンフィルターです。特許取得済みのポリスルホンメンブレンを使用し、高流量と寿命の長期化を実現するテーパー孔構造が特徴です。


インクジェット用途試験・研究向けろ過製品

初期製造から量産へ

パイロット生産段階でろ過計画を適切に選定し検討することで、経済的に高性能なインクを生産することができます。

最適なろ過技術の選定は、インク調合の段階で始まります。事前に適切にろ過されたインクは、より優れた性能を発揮し、その後の改良を最小限に抑えることができます。また、試作段階におけるろ過特性試験を行うと、量産時のフィルター使用量を算出でき、さらにろ過プロセス全体の最適化に役立ちます。

小型のディスクフィルターから1インチサイズのテストフィルターまで、またハウジングからカプセルフィルターまで、インクジェット試験・研究のニーズに対応する製品とサービスを提供します。