廃水処理と資源の回収

利用可能な品質の水の量は、化学工業プラントの場所を選定する際に非常に重要です。工業廃水処理の問題は、化学工業エンジニアにとって複雑な難題です。倫理的・社会的な配慮に加えて、新規プラントでも増設においても、汚染や廃水の排出を禁止および制限する法律では、より厳しい排水規制といった問題をプロジェクトの開始時から考慮する必要があります。

最も費用対効果の高い解決策は、多くの場合、工程内での総合的な方法です。これらの根本的な解決策によって、乏しい水資源と貴重な原料または最終製品の両方をリサイクルできる利点をもたらします。

ポールのメンブレン分離技術により、化学工業における廃水ゼロや水の再利用を推進いたします。これらのシステムには、化学工業およびポリマーのプロセスからコスト効率の良い廃水処理を行うことができる、ユニークな利点が2つあります。

1) 供給と濃縮液側は、オープンチャネル構造で設計されている。高機能の前処理を行うことなく、汚染された流体を清澄化して濃縮できます。砂ろ過または粗いディスポーザブル・フィルターによるプレろ過も必要です。

2) それらには、最高2175psigの高い圧力で運転できる能力があります。- これにより、システムでは、貴重な製品と考えられるものを濃縮するために、高い浸透圧を制することができるので、再度プロセスにリサイクルできます。

プロセスの図

代表的なプロセス設置例を以下に説明します。

 

この技術は正常に動作しています。または、原料リサイクルや貴重な最終製品回収のために、アクリル、スチレンアクリル、ポリ酢酸ビニル、スチレンブタジエン、PVC/PVDCラテックス産業、ポリエステル産業で評価されています。


トップページへ