ターボ機械の入口ガスろ過

窒素、水素、および炭化水素などの工業用ガスは、多くの場合、圧縮されるかターボ機械を通過します。入口ガスの液体と固体による汚染は、ユニットの内部部品を腐食、エロージョン摩耗(侵食)、ファウリングを発生させる可能性があります。耐性のある合金と適切なコーティングを選択することによって、腐食を最小限に抑えることができます。エロージョン摩耗は通常、直径が5μmより大きい固体粒子によって引き起こされます。ろ過により、実際に、この問題を解決することができます。
異物に関して最も理解されていない問題はファウリングです。小さな固体と液体のエアロゾルは、ターボ機械のブレードの表面に付着します。この堆積は徐々に進行していき、翼板とブレード間のせまいスロートノズルの流れが閉鎖される原因になります。タービンノズルとコンプレッサーノズルを通るガス流が削減されると、ガス出力の損失につながります。通常、ファウリングは洗浄前に確保されますが、コストがかかるダウンタイムが必要になる場合がよくあります。

 

ターボ機械の入口ガスろ過 

 


清浄な燃料で稼動するガスタービンの一般的なブレードの寿命は45,000時間以上で、主要なオーバーホール間隔は最低で25,000時間です。これは、入口ガスから0.3μm以上のエアロゾルを除去することによって達成できます。