ガス液化 (GTL)/バイオマス液化 (BTL)/石炭液化 (CTL)

ガス液化 (GTL) 市場

GTL代替エネルギー市場には、微粒子フィルター (自己洗浄式およびディスポーザブル)、液体/ガスおよび液体/液体コアレッサー、ガス/ガス分離メンブレンに対する大きなニーズがあります。

GTLの生産単位は液体燃料および化学薬品原料で1,000bpd~150,000bpdになり、炭化水素ガスの供給源、プラントの立地、およびGTL/BTL (バイオマス液体化)/CTL (石炭液体化) 開発者の製造技術に基づいてすべて固有の化学的性質を持っています。Pall, as a total solution provider, can provide researchers needed technical assistance throughout the process demonstration phase to commercial scale production, to assure optimum selection of critical separation devices.

変換プロセスの中心となるフィッシャー・トロプシュ技術は74年前に発明されたプロセスで、以前はいくつかの大規模な商業化実証に限定されていました。このプロセスでは、原油ではなく炭化水素源や天然ガスからガス化された合成ガスから液体燃料を作り出します。これによって南アフリカでは、第二次世界大戦後、外国への原油の依存を低減できました。

GTL自動車用燃料の世界的な復活の原動力は次のとおりです。

  • 高品質の石油原料の世界的な埋蔵量には限りがある。
  • 原油価格が1バレルあたり40ドル以上で安定している。
  • NGの埋蔵量は豊富で大部分は開発途上にあり、ほとんどが「ストランデッド」(開発が進まないまま) である。
  • LNG処理にはコストがかかるため、プラントの資本および運用コストが原因で投資家の関心が失われる。
  • 新しくより効率的なFT触媒を使用できるようになった。
  • 特に品質の高い (微粒子が少なく硫黄が含まれていない) ディーゼル燃料に対する需要が増加している。
  • 低コストの天然ガスは遠隔地で入手できる。
  • 遠隔地の坑井やプラットフォームからNGを排出して燃やすことに対して環境的な圧力が高まっている。
  • ディーゼルエンジンの製造技術が向上している。
  • 軍が、フローティングプラットフォームやバージなどの遠隔地での新しいジェット燃料生産能力を求めている。
  • 石炭ガス化が普及してきて、合成ガスの理想的な発生源になっている。

GTLプロジェクトはすべてスケールアップ可能であるため、小規模のストランデッドガス田に対して設計を最適化して応用できます。各プロセスの優位性に主に影響を及ぼすものは、資本コスト、プラントの運用コスト、原料コスト、規模、および生産での高い利用率の達成です。

最初の段階の合成ガスのステップでは、部分酸化、水蒸気改質、またはこの2つのプロセスの組み合わせによって天然ガスを水素と一酸化炭素に変換します。Here, Pall has a long history of involvement with hot gas filtration.

GTLプロセスの中心となるものは、固定床方式または流動床方式のフィッシャー・トロプシュ反応装置です。FT反応装置には、大量の鉄またはコバルト基の触媒成分が格納されます。微細な触媒は時間と共に分解することができ、反応装置環境から十分に離れた場所で除去されると不活性化するため、大流量用途の内部分離がより望ましく単純化されます。

改質された合成ガスは、最大40% (wt) の触媒含有率で主要なGTL反応装置に散布されます。内部分離メカニズムによって、ワックス液体生成物が抜き取られる前に、触媒固形物は1~5% (wt) 以下に減少します。Pall's focus has been on effectively separating the fine size FT catalyst yielding a low TSS wax product.Cleanable filters in the reactor, and/or cross flow membranes outside the reactor on a product circuit, offer significant application for Pall products.

処理の最終段階は水素化分解法です。この段階では高温の液体ワックス生成物が汚濁水から分離され、さまざまな燃料および化学薬品の原料に使用するために、液体フラクションが生成される固定層水素化分解装置に供給されます。操業寿命を延ばすには、水素化分解装置触媒を毒物および浮遊固形物から保護する必要があります。

Pall filter/separator technologies are currently being demonstrated in all three phases of the GTL process.用途別の弊社のソリューションについては、以下をご覧ください。

We're working hard to become the world’s foremost supplier of filtration and separation solutions to the GTL industry. We envision Pall will provide producers with not only the complete separation systems and the technical services to go with them, but also filter cartridges, supports, and porous substrates for various aspects of the GTL processes.