味や香りの強さに配慮しながらワイン特有の芳香を作り出すには、微妙なバランスを取る必要があります。清澄化と安定化、ワインの照りと酵母と細菌の除去、微生物安定化のための最終ろ過、用水およびガスろ過はすべて、そのバランスの維持に欠かせないものです。
粒子や結晶物、残渣成分、微生物、細菌、酵母などの異物は、ワインの品質を損なう可能性があります。ポールの技術や専門知識をワイン醸造技術に用いることで、リスクを排除し、全ての工程管理が維持できます。
注目情報
  • 小規模なワイナリー様向けクロスフローろ過システム エノフローFITシステム

     詳細はこちら...
  • Innovative Sektklärung:Filtration von Tanksekt nach der Weinsteinstabilisierung

    ドイツの公開文献をダウンロードする 詳細はこちら...
  • ポール社:ワイン業界へのエノフロークロスフローろ過システムの販売数1,000件を達成

    ポール・コーポレーションがワイン業界へのエノフロークロスフローろ過システムの販売数1,000件を達成したことを発表しました。
  • ワイナリーにおける残渣物から良質のワインやマストを回収

    醗酵・沈殿物からワインやマストの回収作業は、世界中のワイナリーにとって困難かつ避けられない作業です。詳細はこちら...
用途
用途
ワイン醸造の工程で信頼性が高く経済的なソリューションを提供
製 品
製 品
独自の画期的な製品によりワイン醸造プロセスの難題に対応
企業の持続可能性
企業の持続可能性
ポールはお客様がより環境に優しい未来を実現するお手伝いをいたします