ワイン製造向けの捕捉ろ過

捕捉ろ過の主な目的は、アップストリームプロセス時にプロセスの異常やアクシデントが発生した場合に、清澄化されたワインから粒子を除去することです。捕捉フィルターでは、プロセスの効率化を図り、ダウンストリームのろ過段階を保護します。また、捕捉ろ過では混濁や濁度の低減が実行される場合がありますが、ワイン供給時の濁度が高すぎると、耐用年数が非経済的になる可能性があります。

ヴィンテージワインや安定したワインの場合、このフィルターをパッケージ前の最終ろ過として使用することもできます。

捕捉ろ過用製品

HDCⅡ
プロファイル IIフィルター ポリプロピレンで構成された高効率デプスフィルター。



プロファイルコアレスフィルター
プロファイルコアレス・フィルターエレメント高流量用途向けのコスト効率に優れ、環境に配慮したソリューション。



プロファイル・スター
有効ろ過面積と寿命の向上を実現する独自のプリーツ形状のデプスフィルター。

  ワインの概要

ワイン用途
ワインの清澄ろ過
清澄化およびタンパク質安定化の組み合わせ
ワイン沈殿物のろ過
ワインの洗練化
ワインろ過向けの補足ろ過
ワインボトリング前のプレろ過
ワインボトリング前の最終ろ過
ワイン製造における完全性試験
ワイナリー向けのユーティリティろ過

ワイン用製品