清涼飲料水用途

  • 仕込水処理

    最終製品の絶対的な清浄度を確保するためには、工程のあらゆる段階でろ過技術を利用する必要があります。そのひとつが製造工程で使用される原水の前ろ過です。ポールでは、さまざまな用途向けに経済的で信頼性の高い徐粒子フィルターシステムを取り揃え、この課題を解決します。詳細はこちら...
  • 香料の粒子除去

    清涼飲料水の製造工程で粒子が調合タンクに混入しないようにするため、粗ろ過が必要になる場合があります。粒子を除去することで、見た目の清澄度や炭酸化効率が高まります。詳細はこちら...
  • 炭酸ガスのろ過

    清涼飲料水メーカーは、容器へ液を充填する工程で、あらかじめ溶解あるいは充填前のプレミックスタンクの炭酸ガス量を維持するため、炭酸ガス (CO2) を封入します。CO2の配管内に微生物が存在する場合、製品の汚染につながる恐れがあります。詳細はこちら...
  • ベントろ過

    微生物などの異物は、タンクを環境から適切に保護していなければ、水や製品の保管タンクに混入する可能性があります。これによって、バッチの汚染につながる可能性があります。詳細はこちら...
  • ユーティリティろ過

    ボトルまたは缶の微生物学的安定性を確保するには、瓶詰めする製品に直接的または間接的に接触する水、蒸気、ガスなどのサービス品質を保証する必要があります。詳細はこちら...
  • 試験・研究分析

    ポールの幅広いろ過システムを支えているのは、使い捨ておよび再利用可能なマイクロファンネル、メンブレンメディア、およびアクセサリーをはじめとするポール・ライフサイエンスの製品群です。詳細はこちら...