PROFiシステムプロセス

ページ:1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 目次 | PDFのダウンロード

発酵/熟成からPROFiシステムプロセスによって安定化されたビールは、高効率の遠心分離機で事前に清澄化されます。これにより、コロイドを優しく処理し、酸素の取り込みを最小限に抑えることができます。バルク酵母はビールから分離され、高い割合の乾燥個体と共に排出されます。このようにメンブレンを事前に清澄化することによって、ろ過サイクルが長くなり、システムの経済性が高まります。

メンブレンユニット内のビールの精密ろ過は、ろ過と再生成を交互に行うメンブレンブロックによって継続的に行われます。この設計によって、フィルターを一定して利用でき、システムサイズが小さくなるため、資本および運用コストを低減できます。

CO2を使用して空にするフォワードフロー・モジュールは、迅速な製品切り替えと柔軟性を実現し、混合/損失の前後処理は必要はありません。ビールのタンパク質の安定化は、シリカゲルを使用して遠心分離機のアップストリームで実行できますが、ポリフェノールの安定化は、使い捨てのポリビニルポリピロリドン (PVPP) を使用して遠心分離機のアップストリームで行うか、再生PVPPを使用してメンブレンユニットのダウンストリームで行うか、または別の方法で行います。PROFiシステムは、連続モードでも使用できる安定化システムと組み合わせるのが理想的です。

PROFiメンブレンシステム - 連続操作
PROFiメンブレンシステム - 連続操作

商業向け

PROFiメンブレンシステムは、コスト効果的なビールの清澄化、持続可能な製造技術、および醸造所での製造の柔軟性への投資です。コスト削減の可能性は、醸造所の特定の状況によって異なるため、個別に判断する必要があります。