乳製品プロセスにおける牛乳の分画

独自の風味、栄養特性、付加価値のある機能に対するニーズが、画期的な乳製品の開発を推進させています。ポールのクロスフローメンブレン技術は、精密ろ過から特定の成分分離まで、精密な分離を実現します。

乳成分の価値をさらに高める: ポールの包括的な分画製品

メンブラロックスセラミックメンブレンは、多孔性支持体とフィルター層から構成された非対称構造のUFおよびMFメンブレンです。メンブレン材料 (アルミナ、ジルコニア、チタニア) は、幅広いpH、化学薬品、温度、および圧力に対して高い抵抗力を発揮します。優れた通気性を兼ね備えたマルチチャネルメンブレンは稠密度が高いため、高スループットで大量に処理することができます。

メンブラロックス GPメンブレンには、縦方向の透過性グラジエントがあり、フローチャネルに沿った均一で校正された浸透が可能です。これにより、安定した精密ろ過システム内でメンブレンの表面全体を活用できるといった大幅な改善が得られます。

用途:

  • 牛乳および乳清からの微生物除去 (バクテリアおよび胞子)
  • 乳清の脱脂 
  • 乳清のタンパクからのカゼインの分離
  • タンパク質の標準化
  • 生チーズの濃縮
  乳製品プロセスの概要

乳製品プロセス用途
乳製品製造における空気除菌
チーズブライン
乳製品プロセスにおける分画
特殊調製粉乳のろ過
乳製品プロセスにおけるタンパク質およびペプチド精製
乳製品プロセスにおける蒸気ろ過
乳製品プロセスにおける水の精製

乳製品プロセス向け製品

乳製品プロセスサービス