ビール製造における最終ろ過

缶や瓶への充填前に酵母や風味を損なう細菌を除去することで、安定した品質が確保できるとともに、所定の条件での保存や清澄度と色の最終調整ができるようになります。にごりのない澄んだビールを作るために、ポールの最終ろ過技術が、ビール本来の風味や特長を損なうことなく、ビールの生物学的完全性を確保します。クラスターろ過システム (CFS) は、安定した再現性のある製品作りを維持するための最先端技術です。

CFS は、醸造所ごとに個別の価値を提供します。

  • 高品質ビール
  • 従来のろ過および低温殺菌よりも低い総原価オプション
  • クラスター完全性試験技術による優れた生物的制御
  • クラスター洗浄、滅菌、完全性試験の最適化によるシステムの最大可用性
  • 完全自動化により、最低限の労働力を実現

The principal of Pall® CFS has been in industrial use since 1995, and is today the brewing industry’s reliable, economic successful technology for the cold stabilization of beer.

ビールのメンブレンろ過を成功させるには、正反対の2つのプロセスを実行する必要があります。

  ビール・地ビール

ビール製造用途
ビールの清澄化
ビールの安定化
ボトル洗浄
ビールの最終ろ過
ビールの精密ろ過
捕捉/粒子ろ過

ビール製造製品

醸造所向けサービス
  • ビールがメンブレン全体の動的な力に影響されないよう、ビールのろ過中の透過流束を低温でやさしくする
  • すすぎおよび洗浄中の透過流束を高温で強くする

一般的に、メンブレンシステムはこれら2つの要件の妥協案です。特許取得済みのCFS技術は、両方の基準を最適化する代替案を醸造所に提供します。クラスターろ過は、フィルターエレメントをクラスターでグループ化します。各クラスターには個別の出口弁があります。ろ過中はすべてのクラスターが開いています。クラスターごとに洗浄、滅菌、および完全性試験が実行されます。

CFS原理の利点

独自のクラスター原理により、醸造所にさまざまな利点を提供します。主な利点は以下のとおりです。

  • 長い寿命
  • 現場完全性試験
  • クラスターごとの完全性診断
  • 特有のすすぎ
  • 高速の透過流束速度
  • すすぎ時間が短い
  • すべてのカートリッジにわたって一定のストリーム
  • 最低限の水消費量
  • フィルターエレメントをすばやく交換
  • 制御されたバックフラッシュ
  • ビールの損失を最低限に抑える
  • 高い生物学的安全性
  • 永久的な可用性

クラスターフィルターの現場完全性試験およびメンブレンカートリッジの100%完全性試験を製造中に組み合わせることで、CFSは醸造所におけるHACCP手順を確固たるものにする際に役立ちます。このシステムは、消費者向けに製造されたブランドの微生物学的な安定性を保証するばかりでなく、製造プロセス変動の効果的な指標にもなります。

システムエンジニアリング

CFSシステムはスタンドアロンユニットとして設計されており、バッファー工場を必要としない充填ラインのアップストリームに直接取り付けられます。

これは完全に独立したプロセスユニットで、以下によって構成されています。

  • フィルター容器
  • 配管および接続
  • メンブレン洗浄ユニット (CIP)
  • 完全性試験
  • 制御パネル

製造前のプログラミングや完全なスキッドSAP試験により、スキッドベース装置の取り付け時間と起動時間が短縮されます。効果的な洗浄手順をインストールすると、ウルチポア N66カートリッジの寿命を延ばし、必要に応じてブロックされたカートリッジを回収できます。衛生的な設計、容易な完全性試験、および完全自動化により、システムの微生物学的安全性が保証されます。これによって、充填作業員は通常どおりにラインを処理できます。

一貫して品質の高いビールと製造コストの削減

メンブレンシステムを通ったビールの品質は申し分なく、以下に影響を与えることもありません。

  • 風味

プロセスの初めから、酸素摂取量は0.02ppm以下です。

コスト削減は、以下によって実現しています。

  • フラッシュまたはトンネル低温殺菌に比べて製品損失が低い
  • 従来のろ過および低温殺菌に比べて水消費量が少ない
  • 低温殺菌に比べて燃料費が少ない

さらに、以下のような利点があります。

  • クラスターの個別シャットダウンによって最大化される、オフライン完全性試験用のシステムの可用性
  • 該当するすべてのプロセスパラメータのオンライン文書による生物的安全性と危機管理
  • クラスター形式で実行される高感度の完全性試験
  • 衛生的なシステムデザイン
  • 床面積要件を最小限に抑えた小型のエンジニアリング

CFSシステムは、前例のない製品バッチのトレーサビリティを提供します。これは、自動化されたシステムを通じたプロセスの継続的なデータ記録および文書化によって実現します。