タンジェンシャルフロー・フィルトレーション・ホローファイバー

Pall’s Microza polymeric hollow fiber membranes are made from durable fibers available in a wide variety of ratings, polymers and sizes. Applications are as diverse as cell broth clarification, long-term sterility maintenance in critical mammalian cell culture perfusion, concentration and purification of bulk enzyme solutions, filtration of solutions of buffers and active ingredients to remove endotoxin and concentration and diafiltration of recombinant protein solutions.

精度は、低分子量の限外ろ過から精密ろ過までの範囲です。すべてのマイクローザメンブレンは、追加ハウジングの要件のない、自己収納型モジュールとして供給されるため、システム設計を簡素化することができます。ご用意しているモジュールは、オートクレーブが可能で、多くが蒸気滅菌できるため、スチーム滅菌 (SIP) の使用を通じて無菌工程が容易になります。マイクローザメンブレンには、封入が最小限に抑えられ、清浄が簡素化される表面があります。

マイクローザメンブレンはすべて、単一工程で製造され、積層構造ではありません。メンブレンとモジュールは、パフォーマンスの一貫性、サービスの耐久性、需要のある多くの用途のモジュールの統合を保証するため、厳格な品質管理の対象となります。

限外ろ過中空糸モジュール

マイクローザ限外ろ過モジュールは、高密度の多孔性内層支持体上の特許取得済みの固有のダブルスキンメンブレン表面から成り、優れたフロー特性、長持ちさせるための卓越したファイバー耐久性を実現します。マイクローザUFメンブレンは、両方向のフローに対する耐性があるため、背圧が加えられた場合でも離層やメンブレン破裂のリスクがありません。実際に、多くの設置で、稼働時間延長時に逆パルスを使用して流束を保持することができます。

  タンジェンシャルフロー・フィルトレーション ホーム




タンジェンシャルフロー・フィルトレーション・メンブレン
シングルパス・タンジェンシャルフロー・フィルトレーション
タンジェンシャルフロー・フィルトレーション・カセット
振動式メンブレンフィルター
タンジェンシャルフロー・フィルトレーション・カセットホルダー
タンジェンシャルフロー・フィルトレーション・ホローファイバー


ラボ用タンジェンシャルフロー・フィルトレーション
ベンチトップ・タンジェンシャルフロー・フィルトレーション・システム
カスタム/自動化タンジェンシャルフロー・フィルトレーション・システム

SPモジュールとVIPモジュールにはポリスルホン (PS) メンブレンがあり、4 kDa、6 kDaおよび10 kDaの分画分子量、170cm2 (0.18ft2) から5m2 (54ft2) 超のサイズ範囲で使用できます。USPクラスVIプラスチック (121ºC (250ºF)) のUSP改訂版に記載されている生物学的試験の仕様に適合しています。モジュールは、さまざまな医薬用途で使用する目的で、オートクレーブ、蒸気滅菌、化学的滅菌が可能です。生産サイズのモジュールは、最大95ºC (203ºF) で温水滅菌が可能です。ポリスルホンメンブレンは、圧力、温度、キメの粗い洗浄レジメに対する優れた耐性を有しています。それらは、5000ppm次亜塩素酸ナトリウムや4%苛性ソーダなどの広範な洗浄剤に対応しています。PSメンブレンの親和性および吸着特性は非常に低いため、生成物の回収率が高く、モジュールの寿命も長くなります。

APシリーズおよびAVシリーズの限外ろ過モジュールは、ポリアクリロニトリル (PAN) メンブレンを特徴とします。6 kDaおよび13 kDaの分画分子量、170cm2 (0.18ft2) ~12m2 (130ft2) 超のサイズで使用できます。最大50 ºC (122 ºF) で連続動作が可能、USPクラスVIプラスチック (121 ºC (250 ºF)) の現在のレビジョンにリストされている生物学的試験の仕様を満たしています。理想的には、PANメンブレンは、酵素の精製などのバルクプロセスの用途に適しています。強度が強く、高流束率で、設置面積を最小限に抑えます。PANの汚染特性はこれらの用途で低いため、清浄が簡単になります。

精密ろ過ホローファイバーモジュール

マイクローザ精密ろ過メンブレンには、多孔性の対称的支持体構造のスムーズな内メンブレンスキンと外メンブレンスキンがあるため、流量は多くなります。また、これらのモジュールもバックフラッシュが起こります。

UJPおよびUMPシリーズのマイクローザ・ホローファイバー精密ろ過モジュールは、特許登録済みの、特に弾力のあるフッ化ポリビニリデン (PVDF) の固有の低タンパク質結合メンブレンが特徴です。研究所から生産までのさまざまなプロセスに適した0.2μmおよび0.65μmのファイバー精度、0.02m2 (0.21ft2) ~4.0m2 (43ft2) のサイズがあります。1.1mmおよび1.4mmのファイバー内径により、細胞蓄積やファイバー目詰まりの可能性が低減されます。モジュールは、スチーム滅菌 (SIP) またはオートクレーブによって滅菌されます。マイクローザHFモジュールは、USPクラスVIプラスチック (121°C) の現在のレビジョンにリストされている生物学的試験の仕様を満たしています。

清澄化、濃縮、または灌流システムの一環としての使用については、マイクローザMFモジュールは、細菌、哺乳類、昆虫などの細胞の細胞培養/発酵培養液からの生成物の回収の医薬的要件に適合するよう設計されています。マイクローザMFモジュールは簡単に洗浄したり、再利用したりすることができるため、コスト効率の高いプロセスツールです。