タンジェンシャルフロー・フィルトレーションのコンポーネント

メンブレンカセット

限外ろ過 (UF) メンブレン

オメガメンブレン
Pall's オメガ™ polyethersulfone (PES) membranes offer high flux- rates and selectivities.特に、メンブレンの空隙と表面構造へのタンパク質の吸着を最小に抑えるために特別に修飾されています。PES固有の化学的特性により、生物学的および物理的劣化に対して、この高分子メンブレンは安定性があります。

オメガメンブレンは、非常に多孔質の不織ポリオレフィン支持層で支えています。それらは、スキン層の構造は、メンブレンの分離能や透水性を決定するものです。非対称構造は、高い透水性を持ち、さらに、均一のサブミクロンのデプス構造メンブレンよりも早く容易に洗浄できます。 このメンブレンは、洗浄工程を最適化するため、酸や塩基などの広範な洗浄剤に適しています。

オメガメンブレンは、1~1,000 kDaの幅広い公称分画分子量 (MWCO) で使用できます。

再生セルロースメンブレン
再生セルロース膜の表面は親水性で、低タンパク質吸着を有しています。通常、低濃度で苛性溶液で良く洗浄します。水流束は通常PESメンブレンより低く、処理流束は同程度以上となる場合があります。

精密ろ過 (MF) メンブレン

スーポア TFFメンブレン
スーポア TFFメンブレンは、均一な厚み構造を持つポリエーテルスルホンのメンブレンです。メンブレンの多孔性は、細胞培養および発酵培養液の集菌、濃縮、清澄化など、精密ろ過TFFの用途のために最適化されます。It is currentlly available in 0.1, 0.2, 0.45, 0.65 micron pore size membranes.スーポアTFFメンブレンを使用して、細菌細胞や動物細胞、昆虫細胞等の回収、赤血球からのヘモグロビンの分離、また、酵母培養液や細菌ライセートの清澄化などに使用します。
 

















TFFカセット

ミニメイト ・タンジェンシャルフロー・カプセルフィルター
使いやすいミニメイトTFFカプセルは、少スケール実験室レベルでのTFF操作に非常に有効な試験デバイスとなります。多機能で、セットしてすぐに使えるこの自己完結型デバイス (ホルダー不要) は、ミニメイトTFFシステムまたはミニム IIタンジェンシャルフロー・フィルトレーション対応で、取り付け用具や配管類が用意されているため、ほとんどの小型ろ過装置へのセットが簡単に行えます。サンプルのバッチサイズは最大1リットルで、5 mLまで素早くユーザーによる介入もほとんどなく削減できます。サンプル液の濃縮とダイアフィルトレーション (脱塩) 操作を同じ試験系で行うことができ、時間の削減とサンプル液移送操作によるロスをなくすことができます。ミニメイト TFF capsules contain Pall's proprietary オメガ™ low non-specific adsorption UF membrane, available in a wide range of molecular weight cut-offs for improved  product recovery. ミニメイト TFF capsules can be used in a variety of TFF applications in biotechnology, molecular biology, protein chemistry, microbiology and immunology.

オメガ Tシリーズメンブレンカセット
T-Series membrane cassettes represent one of Pall’s latest advances in tangential flow filtration technology. These cassettes incorporate Pall’s proprietary オメガ membrane with improvements in materials and design to optimize separation efficiency. オメガ T-Series cassettes are available in our successful and long-established セントラメイト™ and セントラセット™ screen channel formats.

オメガ C&Fシリーズカセット
長年ご愛顧いただいているC&FシリーズのTFFカセットには、オメガUFメンブレンまたはスーポアTFF MFメンブレンが組み込まれています。これらのカセットには、セントラメイト、セントラセット、マキシメイトまたはマキシセットメンブレンを使用でき、スクリーンおよびサスペンデッドスクリーンの両フォーマットがあります。

セントラメイトタンジェンシャルフロー・フィルトレーション・メンブレンカセット
セントラメイト TFFカセットは研究所規模およびTFFを使った開発用途に最適です。数ミリリットルから数リットルまでの少量を処理するには、小さなエリアフォーマット (0.019m2) とセントラメイト LVタンジェンシャルフロー・フィルトレーション・メンブレンカセットホルダーをご使用ください。

それより大きな0.1 m2エリアカセットはさまざまなセントラメイトホルダーに装着でき、最大5つのカセットを重ねて1 L未満から50 L以上までの量を処理できます。セントラメイトカセットで開発したアプリケーションは、セントラメイトホルダー内にカセットを重ねるか、メンブレン、パスの長さ、チャネルフォーマットが同じセントラセットカセットフォーマットに替えることにより簡単にスケールアップできます。

セントラセットタンジェンシャルフロー・フィルトレーション・メンブレンカセット
セントラセット TFFカセットは、セントラメイトカセットと同じメンブレンとスクリーンのフォーマットで使用できますが、設置面積とろ過面積は大きくなります。これらのカセットは、バイオ医薬品製造業による濃縮やダイアフィルトレーションなどのさまざまなタンジェンシャルフロー・フィルトレーション用途におけるパイロットスケールやフルスケール生産に最適です。これらのカセットは、0.5m2と2.5m2のメンブレンエリアのいくつかのフォーマットでご利用いただけます。カセットは、ホルダー内に積み重ねて、ろ過面積が80 m2を超えるシステムを構築することができます。

マキシメイトタンジェンシャルフロー・フィルトレーション・メンブレンカセット
マキシメイト TFFカセットにはセントラメイト/セントラセットカセットと同じメンブレン、スクリーンおよびサスペンデッド・スクリーンフォーマットがあります。これらのカセットを使用すると、大型のマキシセットカセットの性能を小規模なスケールでシミュレーションすることができます。マキシメイトカセットは、その際立った利点により、大量のTFFプロセスの開発ツールとして有用です。

マキシセットタンジェンシャルフロー・フィルトレーション・メンブレンカセット
マキシセットカセットは、大規模スケールの処理工程でいくつかのマキシメイトカセットと同様の重要な利点があります。 ただし、必要な循環流量はセントラセットカセットより40%低くなっています。 マキシセットのポートは大きめ (約1.5倍) に作られており、高供給・低流量に対する抵抗が低いため、圧力損失が小さく洗浄がしやすくなっています。これらのカセットには、オメガUFまたはスーポアTFF MFメンブレンを使用でき、スクリーンおよびサスペンデッドスクリーンの両方のフォーマットがあります。

タンジェンシャルフロー・フィルトレーション・メンブレンカセットホルダー

Designed for optimum performance and product recovery, Pall® TFF holders are available in a variety of sizes to meet every application requirement.

セントラメイト LVタンジェンシャルフロー・フィルトレーションメンブレンカセット・ホルダー
ステンレス製のセントラメイトLVホルダーは、最大2つのセントラメイト0.019m2カセットに対応できます。 ホルダーは、リザーバやポンプのほか、チューブ、バルブ、フィッティング、圧力ゲージなどの多様なアクセサリで構成されるシステムに組み込むことができます。通常、ミニム IIタンジェンシャルフロー・フィルトレーションで使用されますが、ミニメイトTFFシステムに組み込むことも可能です。

セントラメイトPEタンジェンシャルフロー・フィルトレーションメンブレンカセット・ホルダー
セントラメイトPEホルダーには、¼インチのポリエチレン製マニホールドが付属しています。304ステンレス製外板の間にあるNPTネジポート。金属との接触を回避した用途における使用に推奨します。セントラメイトPEホルダーは、洗浄および洗浄バリデーションを省略できるよう0.1m2のカセットをシングルユース部品として使用する用途に最適です。最大4つのスクリーンチャネルカセットを収容できます。ホルダーには、2つまたは3つの圧力ゲージのフィッティングキットを使用できます。ポンプとリザーバ (ウルトララブシステム) を追加すれば、システムは完成します。

セントラメイトステンレス (SS) 製タンジェンシャルフロー・フィルトレーションメンブレンカセット・ホルダー
セントラメイトステンレス製カセットホルダー (316L) には、供給ポートおよび透過ポートに½インチのサニタリーフランジが付属しています。最大5つの0.1m2のスクリーンチャネルカセットを収容できます。ホルダーには、2つまたは3つの圧力ゲージのフィッティングキットを使用できます。ポンプとリザーバ (ウルトララブシステム) を追加すれば、システムは完成します。また、セントラメイトSSホルダーはセントラメイト 500 Sベンチトップタンジェンシャルフロー・フィルトレーションシステムに採用されています。

セントラセット LVステンレススチール製タンジェンシャルフロー・フィルトレーションメンブレンカセット・ホルダー
セントラセット5ホルダーは、非常によく研磨された316Lステンレススチール製で、0.5m2~2.5m2のろ過面積が設置可能な、パイロットおよびプロセススケールの用途における使用に最適です。ホルダーには、供給ポート、濃縮ポート、透過ポートに¾インチのサニタリーフランジが装備され、サニタリーシステムに簡単に接続してシステムの残液量を最小限に抑えます。

セントラセット 5ステンレス製タンジェンシャルフロー・フィルトレーションメンブレンカセット・ホルダー
セントラセット5ホルダーは、非常によく研磨された316Lステンレスを使用して製造されています。ホルダーにつき0.5m2~5m2のメンブレン面積が設置可能な、パイロットおよびプロセススケールの用途における使用に最適です。また、このホルダーは、設置されたカセットで最適で均一な圧縮を保持するステンレスピストンやポンプなどの水圧システムを自動トルクフォーマットで使用できます。 2つおよび3つの圧力ゲージの両タイプのフィッティングキットをご用意しております。

セントラセット Pタンジェンシャルフロー・フィルトレーションメンブレンカセット・ホルダー
セントラセットPホルダーには、ポリプロピレンマニホールドとエンドプレートが付属しています。これらのホルダーは、用途によって製品の金属部分の接触が最適でない場合や禁止されている場合のために設計されています。 マニホールドとエンドプレートは、高圧時の動作の際に必要な剛性を供給するため、ステンレス製のプレートの間に収容されます。 ¾インチのサニタリーポリプロピレンポートのルアーフィッティングは、可塑性圧力トランスデューサーへの接続に使用することもできます。 経済的なプラスチックのマニホールドとエンドプレートは、洗浄および洗浄バリデーションを省略できるようシングルユース部品として使用できます。また、これにより、試料のクロスコンタミネーションも防げます。

マキシメイト ステンレス製タンジェンシャルフロー・フィルトレーション・メンブレンカセットホルダー
マキシメイトホルダーは、高度に研磨された316 Lステンレススチール製です。 開発やパイロットスケールの用途、特にマキシセットフォーマットを採用するシステムに合わせて調整できる用途における使用に最適です。最大6つの0.18m2のスクリーンチャネル・カセットを収容できます。ホルダーは、¾インチのサニタリーフランジを供給液ポートや濃縮ポートに組み込み、½インチのフランジを透過ポートに実装し、サニタリーシステムに簡単に接続してシステムの残液量を最小限に抑えます。2つまたは3つの圧力ゲージを備えたサニタリーフィッティングキットは、システム組立に使用できます。ポンプやリザーバを追加すれば、システムは完成します。

マキシセット ステンレス製タンジェンシャルフロー・フィルトレーション・メンブレンカセットホルダー
マキシセットホルダーは、大規模な生産環境において最適なパフォーマンスを実現するよう設計されています。湿潤面はすべて、電解研磨を施した316 Lステンレス製です。省スペース化により、プロセススキッドや製造現場における使用に最適です。供給フローの向きは下から上であるため、空気がシステムから簡単に放出されます。 ホルダーは、設置されたカセットで圧縮を最小および均一にするため、水力システムの自動トルク形式で使用できます。

フィッティングパッケージとコンポーネント

ろ過用マニホールド、圧力ゲージ、バルブ、ホースコネクター、ガスケット、クランプから成るフィッティングキットは、多くのカセットホルダーで使用できます。フィッティングキット一式をカセットホルダーと一緒にご注文いただくと、システムへの設置が簡単になり、コンポーネントが揃っていないためにプロセスの開始が遅れるのを防ぐことができます。

中空糸モジュール

Pall’s Microza polymeric hollow fiber membranes are made from durable fibers available in a wide variety of ratings, polymers and sizes. Applications are as diverse as cell broth clarification, long-term sterility maintenance in critical mammalian cell culture perfusion, concentration and purification of bulk enzyme solutions, filtration of solutions of buffers and active ingredients to remove endotoxin and concentration and diafiltration of recombinant protein solutions.

精度は、低分子量の限外ろ過から精密ろ過までの範囲です。すべてのマイクローザメンブレンは、追加ハウジングの要件のない、自己収納型モジュールとして供給されるため、システム設計を簡素化することができます。ご用意しているモジュールは、オートクレーブが可能で、多くが蒸気滅菌できるため、スチーム滅菌 (SIP) の使用を通じて無菌工程が容易になります。マイクローザメンブレンには、封入が最小限に抑えられ、清浄が簡素化される表面があります。

マイクローザメンブレンはすべて、単一工程で製造され、積層構造ではありません。メンブレンとモジュールは、パフォーマンスの一貫性、サービスの耐久性、需要のある多くの用途のモジュールの統合を保証するため、厳格な品質管理の対象となります。

限外ろ過中空糸モジュール

マイクローザ限外ろ過モジュールは、高密度の多孔性内層支持体上の特許取得済みの固有のダブルスキンメンブレン表面から成り、優れたフロー特性、長持ちさせるための卓越したファイバー耐久性を実現します。マイクローザUFメンブレンは、両方向のフローに対する耐性があるため、背圧が加えられた場合でも離層やメンブレン破裂のリスクがありません。実際に、多くの設置で、稼働時間延長時に逆パルスを使用して流束を保持することができます。

SPモジュールとVIPモジュールにはポリスルホン (PS) メンブレンがあり、4 kDa、6 kDaおよび10 kDaの分画分子量、170cm2 (0.18ft2) から5m2 (54ft2) 超のサイズ範囲で使用できます。USPクラスVIプラスチック (121ºC (250ºF)) のUSP改訂版に記載されている生物学的試験の仕様に適合しています。モジュールは、さまざまな医薬用途で使用する目的で、オートクレーブ、蒸気滅菌、化学的滅菌が可能です。生産サイズのモジュールは、最大95ºC (203ºF) で温水滅菌が可能です。ポリスルホンメンブレンは、圧力、温度、キメの粗い洗浄レジメに対する優れた耐性を有しています。それらは、5000ppm次亜塩素酸ナトリウムや4%苛性ソーダなどの広範な洗浄剤に対応しています。PSメンブレンの親和性および吸着特性は非常に低いため、生成物の回収率が高く、モジュールの寿命も長くなります。

APシリーズおよびAVシリーズの限外ろ過モジュールは、ポリアクリロニトリル (PAN) メンブレンを特徴とします。6 kDaおよび13 kDaの分画分子量、170cm2 (0.18ft2) ~12m2 (130ft2) 超のサイズで使用できます。最大50 ºC (122 ºF) で連続動作が可能、USPクラスVIプラスチック (121 ºC (250 ºF)) の現在のレビジョンにリストされている生物学的試験の仕様を満たしています。理想的には、PANメンブレンは、酵素の精製などのバルクプロセスの用途に適しています。強度が強く、高流束率で、設置面積を最小限に抑えます。PANの汚染特性はこれらの用途で低いため、清浄が簡単になります。

精密ろ過ホローファイバーモジュール

マイクローザ精密ろ過メンブレンには、多孔性の対称的支持体構造のスムーズな内メンブレンスキンと外メンブレンスキンがあるため、流量は多くなります。また、これらのモジュールもバックフラッシュが起こります。

UJPおよびUMPシリーズのマイクローザ・ホローファイバー精密ろ過モジュールは、特許登録済みの、特に弾力のあるフッ化ポリビニリデン (PVDF) の固有の低タンパク質結合メンブレンが特徴です。研究所から生産までのさまざまなプロセスに適した0.2μmおよび0.65μmのファイバー精度、0.02m2 (0.21ft2) ~4.0m2 (43ft2) のサイズがあります。1.1mmおよび1.4mmのファイバー内径により、細胞蓄積やファイバー目詰まりの可能性が低減されます。モジュールは、スチーム滅菌 (SIP) またはオートクレーブによって滅菌されます。マイクローザHFモジュールは、USPクラスVIプラスチック (121°C) の現在のレビジョンにリストされている生物学的試験の仕様を満たしています。

清澄化、濃縮、または灌流システムの一環としての使用については、マイクローザMFモジュールは、細菌、哺乳類、昆虫などの細胞の細胞培養/発酵培養液からの生成物の回収の医薬的要件に適合するよう設計されています。マイクローザMFモジュールは簡単に洗浄したり、再利用したりすることができるため、コスト効率の高いプロセスツールです。

振動式メンブレンフィルター (VMF)

PallSep振動式メンブレンろ過テクノロジーは、ポリマーバリアプロセスの安全性が求められる一方で、供給物質が生体分子の非常に複雑な混合物で、処理とともに粘度が上昇するような困難なプロセスに対して有効なテクノロジーです。PallSepろ過ユニットは、メンブレンろ過の大幅な技術革新を象徴する製品です。すべてのメンブレンプロセスでは、メンブレンファウリングの影響を妨げるせん断力がメンブレン表面の上に発生します。PallSepテクノロジーでは、供給液体内でメンブレンエレメントが1秒間に50回以上、水平方向に振動することにより剪断が生じます。通常は従来のタンジェンシャルフロー・フローろ過 (TFF) に発生したものより高いせん断は、メンブレン表面の上にある小さい境界層に限定され、大部分の流体には適用されません。これは、低圧力損失 (膜圧力分布でも) のオープンフローパスを介して高浮遊物レベル (>60% w/v)* へと、液体が非常に穏やかに処理されるという意味です。Biotech PallSep PS 50デバイスは、トーションバーにマウントされた0.2 μmのポリエーテルスルホン (PES) メンブレンエレメント (ろ過面積0.2、1、5 m2) のカプセル型スタックで構成されています。小型モーターからの運動エネルギーは、周波数変換器により、振動が制御されるスタックで効率よく振動エネルギーへと変換されます。Biotech PallSepデバイスは一般に、液量が2~100 Lのプロセス開発に使用されます。

Biotech VMFシステムの主な用途は、従来型TFFや遠心による処理が難しい細胞ホモジネートや植物源および動物源からの抽出物の特性化に関与しています。例を挙げると、前処理なしの菌糸発酵培養液の直接処理や、治療用ワクチンの生産に使用する化学的に溶解した組み換え細菌系からの細胞壁破片の回収があります。