スケールアップ・クロマトグラフィーテクノロジー

クロマトグラフィーは、確立された生体分子の精製方法です目的物質の初期回収、目的分子の精製、および精製済み製品からの夾雑物の除去に関する生体分子の処理のすべてにおいて、さまざまなことがクロマトグラフィープロセスに対して求められます。

適切なクロマトグラフィーテクノロジーの選択

プロセスの要求事項には、ひとつのテクノロジーだけでは対応できません。ポールでは、プロセスエコノミクスのための分離効率の最適化を実現するために、さまざまなクロマトグラフィープロセスの選択肢を用意しています。当社の製品には、クロマトグラフィー吸着剤、ムスタングメンブレンテクノロジー、カラム、およびシステムが含まれます。プロセス設計時にまず検討しなければならないことは、クロマトグラフィー担体の正しい選択です。下のチャートは、検討しなければならない主なポイントを示しています。

イオン交換クロマトグラフィー

イオン交換クロマトグラフィーテクノロジーは、もっとも広く使用されている方法であるため、与えられたアプリケーションに適したイオン交換クロマトグラフィー官能基を決定するためのガイドラインを以下で説明します。

 




プロセスの最適化と簡単なスケールアップのガイドライン

目的分子の回収、分離、または精製を行うためのクロマトグラフィー担体の性能に影響を与えるいくつかの主要なパラメーターがあります。次のような技術と統合プロセスがあります。

  • 製造工程のさまざまな要因の中でもpHはもっとも重要なパラメーター
  • 移動相のイオン強度も、目的物質の結合および溶出の効率を決定する際に大きな役割を果たします。大規模製造の最適プロセスを設計する場合、小規模での条件検討で以下のことを行うことが必要
  • ターゲット分子からの不純物分離を最大限に
  • 各クロマトグラフィー工程の純度特異性に合致することができる目的物質の最大添加量を決定します。クロマトグラフィー条件が最適化された後、スケールアップの前に次の問題の検討が必要
  • サンプル容量の増加に応じて、クロマトグラフィー担体の容量が増加
  • サンプル容量および移動相の容量の比率を維持
  • 担体の容量に応じて、溶出時間を一定に確保
  • スケールの拡大に伴い、グラジエントが正確に再現できるように、線流速を維持