rプロテイン、プロテインワクチン、ポリサッカリドワクチン



ワクチンの多くは、免疫反応を引き起こすタンパク質の性質に基づいて開発されています。従来のワクチンの一部は、タンパク毒素であり、役属、一般的には多糖類に対する免疫反応を促進するためにほとんどの共役ワクチンで改良トキソイドが使用されています。

タンパク質の製造は、バイオ医薬品のページで説明しているものと同じ工程です。

 





rプロテイン、プロテインワクチン、ポリサッカリドワクチン
rプロテイン、プロテインワクチン、ポリサッカリドワクチン




多糖類製造は、同様の一連の単位操作によりますが、多糖類断片の分子量クラスを選択するためにサイズ排除クロマトグラフィー (SEC) ステップが存在するか、対象の分子量種が目的の分子量の上下の2つの限外ろ過装置の間で分画される、限外ろ過装置カスケードを使用して行うことができます。通常使用されるのは、下端が10KDa、上端が100KDaまたは300KDaです。タンジェンシャルフロー・フィルトレーション (TFF) は、選択した分子量により得られたものがSECによるものほど希釈されていない点でSECより優れており、さらにTFF濃縮のステップが必要なことがあります。