プラスミド精製と遺伝子治療



製品は通常、治療での使用を対象としていますが、遺伝子治療はワクチンに関連しており、体内のターゲットとなる細胞へのDNAのデリバリーにかかわっているため、遺伝性疾患、補助免疫、その他の多くの潜在的な治療に不足している分子を生成することができます。

正しくコード化されたDNA (またはRNA) の生産は、患者への直接的な使用、ベクターへの組み込み、またはターゲット製品であるタンパク質の生産に使用される組み換え細胞への組み込みを行うための目的には課題が多いことを意味します。それは、DNA分子が大きく、強く帯電しており、高微粒子の粘性溶液で動き始めることが多いためです。

 








プラスミド精製と遺伝子治療


DNA要素の精製、望ましいDNAと望ましくないDNAの分離が分子量が等しい場合 (コイル状、スーパーコイル状、刻み目状のプラスミドなど) でも可能な製品を、ポールは数多く開発しています。ムスタングクロマトグラフィー装置は広く利用されています。

ワクチンと潜在的な生産ルートは多岐にわたるため、これらのページですべての事態に対応しているわけではありません。特定のワクチンへの応用については、ポールまでお問い合わせください。