微生物ワクチン製造



微生物ワクチンは、免疫系が生物全体を認識できるようにする細胞壁成分で構成されています。または、ジフテリアなどの毒性を通じて病気を引き起こすバクテリアの場合は、毒素または派生した類毒素を使用できます。病原体の一部には、主に治療に使用するために抗毒素が開発されています。

バクテリアは液体培地で培養するか、固定基質培養を行い、集菌、精製し、死菌ワクチンまたは弱毒化ワクチンとして直接使用します。ポールでは、培養のベント培地のフィルタリング細胞の分離と回収用.の製品を提供しています。

 











多くの微生物培養は取り扱いが難しく、一部のワクチンで必要とされる構成要素を含む派生細胞壁片も取り扱いが困難です。そこでポールでは、これらの製品タイプを処理できる新技術、ポールセップ分離システムを開発しました。