汚染物質の分析

プロセス流体中の異物または微生物の汚染物の存在は、システムの欠陥やバッチの再処理、さらにはバッチ不合格などの問題を引き起こします。可能性のある由来を追跡しプロセスの是正処置を実施できるよう、汚染物を即座に分離および同定することが重要です。

How Can Pall Help?

Pall has over fifty years experience in contamination analysis and control and offers a range of standard services for analysis of particulate and microbial contaminants.一番簡易な形態で済む場合は、電話や電子メールで必要なアドバイスや是正処置を提案します。Alternatively, samples can be sent to a Pall facility for analysis or we can sample on site.これらの調査は、あらゆる変更管理が正しく制御および実施されるように、すべて文書で報告され、試験結果、プロセスのレビューの結論に基づいてテクニカルレポートが提出されます。

微生物汚染の分析

The isolation and identification of microbiological contaminants from process fluids requires specialist laboratory facilities and expertise, all of which can be offered by Pall Life Sciences.典型的な微生物試験には次のことが含まれています。

  • 総細菌数
  • バイオバーデン分析
  • プロセスからの単離菌の同定や評価

トップページへ

  Links to Pall's biopharmaceutical services.


粒子汚染分析

Pall Life Sciences have available a wide range of microscopic and analytical equipment for the analysis of particulate and/or amorphous contaminants including:

  • 光学顕微鏡
  • 走査型電子顕微鏡
  • X線発光分光
  • コンピューター処理画像解析システム

トップページへ

プロセスのバイオバーデンの汚染分析

プロセス中にある天然のバイオバーデンの完全な定量化、同定については、規制当局の関心が高まってきています。バクテリアによっては、特定の環境下におかれたとき、0.2 μmのろ過滅菌グレードフィルター・カートリッジを通過することが可能な特に小さいフォームを形成することが知られています。典型的な分析手法は、次のような手順になります。

  • サンプルを直径47mmの分析ディスクでフィルターする
  • ディスクを栄養寒天プレートへ載せ、培養する
  • コロニーをカウントし、バイオバーデンを定量化する
  • 個々のコロニータイプを観察する
  • コロニーの形状を観察する
  • グラム染色し、顕微鏡で観察する
  • 同定するために生化学検査を実施する
  • 結果を文書化し、レポートする

トップページへ

料金および注文情報

費用

可能な限り、あらかじめプロジェクトごとの定価を提示します。定価を提示することが困難な場合は、お客様の予算やコストの管理を行うための見積もりを提出します。最終的な請求書には、作業時間や使用材料などの項目の詳細を示します。

注文情報

Simply contact your local Pall representative, or contact Pall at 800-717-7255 or biotech@pall.com. We will contact you to discuss your specific requirements with you and forward your enquiry to Pall Contamination Analysis specialists.

トップページへ