ワクチンのクラス



膿またはかさぶたから時間と手間をかけて疱瘡を転移させるワクチン製造の形式は16世紀中期以前の中国で利用され、1700年代中期のヨーロッパに伝わりましたが、Edward Jennerの話は有名です。 これは、Jennerの発見と生ウイルスワクチンのサンプルが基になっていました。疱瘡はオルソポックスDNAウイルス、天然痘が原因で引き起こされ、同様のワクシニアウイルスは牛痘を引き起こします。1980年に根絶された疱瘡には生物テロの手段として使用される可能性があり、再び疱瘡のワクチンを製造および貯蔵する必要性があることが明らかになったことから、この話はこの1年で世界中を駆け巡りました。

 











ところがJennerの発見から200年後、天然痘と牛痘の完全ゲノムの配列が特定されました。 タンパク質やその他のウィルス外皮構成要素の構造を把握しており、より安全かつ簡単に優れた特性で組み換え型ワクチンを製造し、元のウイルス性ワクチンよりも容易に貯蔵することもできます。ただし、当面のニーズに応えるために、元来の皮膚増殖によるDryvaxから抽出したワクチン株で作られる最新の疱瘡ワクチンはAcambisによって細胞培養で増殖され、脳炎などの副作用の危険性は低くなっています。ヨーロッパでは、Bavarian Nordicも細胞増殖型の牛痘を生産しています。

これらのウイルスは弱毒化されています。つまり、複数の細胞培養サイクルを何度も通過することで毒性を低減しています。おたふく風邪のウイルスワクチンの場合、減衰は鶏胚細胞培養の通過の影響を受けます。弱毒化されている他のワクチンは、化学的または物理的に取り扱われる可能性があります。死菌ワクチン製造と不活化ワクチン製造は似ています。ホルマリン処理されることがしばしばありますが、有機体全体を注入する際のエフェクター機構があります。このようなワクチンの例がポリオです。

細菌ワクチンとは、BCGなど、すべてが有機体の「古い」ワクチンで、TBで使用される弱毒化された細菌ですが、一般的に抗原ワクチンまたはサブユニット型のワクチンです。毒素を生成するバクテリアによってワクチンがトキソイドから開発され、毒素が変化します。ジフテリアなどは、ここでタンパク質が変化して毒作用がなくなります。通常、髄膜炎ワクチンなどの菌血症性感染症に対するワクチンでは、細菌の細胞壁のタンパク質または多糖が使用されます。

1980年代半ばまで、これらは基本的に、入手可能な限られた種類のワクチンのみであり、世界ではさまざまな重大な感染症が広がっていました。一方、比較的一般的な疾病からも保護されない人々が、まだ多くいました。特に、乳児は、ヘモフィルスなどの小児期の一般的な病気を、ワクチンによって効果的に予防することができませんでした。これは、ワクチンは入手可能であったものの、細菌細胞壁多糖類に対する抗原反応の進行に頼っていたためです。少し年齢の高い小児および成人は、免疫システムが発達するため、直接的にB細胞反応を引き起こし (T 細胞に依存せず) 多糖類に対する反応が進行しますが、乳児はそうではありません。

免疫システムの働きのメカニズムに関する研究により、反応がトリガーされると、T細胞依存性抗体反応により、第1トリガーに関連する異物に対する抗体が生成されることが発見されました。その結果、免疫反応を必要とする細胞壁多糖類が、反応を進行する適切な分子に結合された場合、両方の分子に対する抗体が生成されます。これが、小児用ワクチン接種の計画を根本的に変えた、多く利用されている混合ワクチンの基本的な働きです。現在は、さまざまなワクチンが利用できます。まず、インフルエンザ菌B型 (髄膜炎) ワクチンです。たった3年の間に、従来の多糖類ワクチンがこれらの新しいワクチンに代わりました。

さまざまなワクチンで、2つ以上の異種分子を共有結合により結合するコンジュゲートが採用されています。複数の血清型の肺炎球菌感染症の混合ワクチン、ならびに他の型の髄膜炎のワクチンを利用できます。

混合ワクチンは、従来の疾病に関する緊急の問題についても期待できます。たとえば、結核用のBCGワクチンは、全体の弱毒化生細菌ワクチンであるため、HIV感染などの免疫不全者については使用できません。一方、適切なトキソイドと結核細胞膜単糖類との混合は、安定的かつ特徴的であり、大量に生産でき、ターゲットとする集団で効果的となる可能性のある、比較的シンプルなワクチンを提供できます。