パイロットおよび製造スケール用クロマトグラフィーシステム

ポールのクロマトグラフィーシステムは、設計原理と操作プロトコルにおいて最高の基準に従っており、広範囲の用途に対応しています。弊社は、標準製品と完全にカスタマイズされた製品の両方をプロセスソリューションとして提供し、場所に関係なく、総合的なローカルサポートを提供しています。次のシステムを使用して、精製プロセスの選択肢、柔軟性、および運用コストの改善に取り組んでいます。

PKPクロマトグラフィーシステム

PKPクロマトグラフィーシステム標準のモジュール式自動システムのシリーズであるポールのPKPクロマトグラフィー製品は、あらゆるタイプの低圧カラムバイオクロマトグラフィー (イオン交換、親和性、ミックスモード、疎水性相互作用、サイズ排除、ハイドロキシアパタイトなど) とメンブレンクロマトグラフィーを実行するよう設計されています。これらのシステムは、GAMPガイドラインを順守した、生物学的分子の製造に加えて、小規模またはプロセス製造の最適化に適しています。

 

特長と利点

  • PKPシステム自動化ソフトウェア管理
  • 直感的なレシピ作成により、スムーズなスケールアップが可能
  • バッチモードまたは半自動モードにより、操作時にユーザーの柔軟性を高めることが可能
  • 装置の迅速な応答により、プロセスの状態、設定ポイント、およびアラームの明確なビジュアル表示を実現
  • ポールの分析ツールにより、HETP、ピークの非対称性、移行分析などの計算が可能
  • さまざまなバッチを比較することにより、プロセスの再現性を監視
  • 個々の装置曲線の選択により、規制当局に提出するためのバッチデータのレポート作成における柔軟性を向上
  • 21 CFRパート11に準拠
 














PKクロマトグラフィーシステム

  • パイロットスケールから製造スケールまで一貫して最適な精製工程を保証
  • すべてのバイオクロマトグラフィー用途に柔軟に適応
  • 適切にデザインされたハードウェアとソフトウェアによる頑強な操作性
  • 10~4000L/hまでの範囲に適応するPKクロマトグラフィーシステムシリーズ

PKクロマトグラフィーシステムこのシステムは、目的物質の純度と回収率を改善するために、システムの流路系はホールドアップ容量と圧力損失を最小化するよう構成されています。制御システムのためのソフトウェアは柔軟性が高く、証明されたレシピによる全自動操作を提供します。

PKクロマトグラフィーシステムは、クロマトグラフィー工程が一貫したバッチ間の結果を得るために必要な実行を維持する、正確なグラジエント作成およびインラインバッファー希釈を行うための証明されたコンポーネント技術の組み込みが可能です。データの収集とセキュリティは、電子署名およびバッチレコードのための21 CFRパート11の要求事項に準拠しています。

 トップページへ