触媒、カーボンおよび高固体除去



低分子の原薬の製造において、水素化などの反応プロセスを促進するために、パラジウムのような不均一触媒がしばしば使用されます。これらの触媒は、除去してリサイクルする必要があります。同様に、活性分子の最終的な回収の前に色を吸着させるために、自由粉末の形態で活性炭を使用する場合、このバルクを除去する必要があります。これらの用途には、高いレベルの固体を処理できるフィルターシステムが求められます。 (スープラディスクAKS活性炭使用デプスフィルターモジュールのページでは、粉末を除去する他の浸透フィルターもご紹介しています)。

 
原薬の概要
さまざまな原薬製品
技術サービスのご案内
原薬に関連するテクノロジーとパッケージ
原薬に関連する用途とパッケージ
色の除去および活性炭
原薬:コンテインメント
触媒、カーボンおよび高固体除去
その他の原薬システム

デプスフィルター

セルロースベースのデプスフィルター・メディアでは、高固体用途における固形物の蓄積に対して効果的なサポートを提供すると共に、精度の高いろ過を行います。フィルタープレスなどのよりオープンなシステムには、シートの形態で培地を提供できますが、レンズ状モジュールの形態で提供される場合も増えています。この場合、処理中にハウジング内に密閉されたシステム内のモジュールの細胞間で固形物が蓄積される可能性があります。

スープラキャップ200デプスフィルターモジュール
これらのモジュールは、ポリプロピレンでカプセル化された12インチのレンズ状モジュールです。これらのフィルターは、有害なフィルターケーキ (パラジウムや炭素などの不均一触媒) の除去に最適です。処理後にモジュールを簡単に除去して蓋を外し、モジュール内のケーキを抑制できるため、作業者と環境への暴露を最小限に抑え、ハウジングの洗浄はほとんど必要ありません。

バッグフィルター

高流量の要件がある大規模システムの場合、これまでは、高流量用途向けの化学薬品などの業界におけるデプスフィルターの代替品としてバッグフィルターが使用されてきました。大きな直径モジュールを採用したプリーツ付きフィルターアッセンブリーの提供開始により、このようなケースでより便利で信頼性の高いフォーマットを検討できるようになりました。

高流量ウルチプリーツ プロファイルフィルターシステム
99.98%のろ過効率で、2μmから90μmの定格ろ過精度を備えたこれらのフィルターでは、経済的に繰り返しろ過を行うことができるよう、内側に行くにつれて孔径が小さくなるプロファイルポリプロピレン製メディアを採用しています。ウルチプリーツ構造と150mm (6インチ) という大きな公称モジュール直径により、他のシステムに比べてパッキング密度が非常に高い上、早期閉塞を避けるため一定の流量と優れた構造安定性を維持します。

既存のバッグシステムに組み込んで使用するマークスマンフィルターをご覧ください。 トップページへ