ピュアエアによる降雪や氷結からのエンジン保護



氷結

氷結からのエンジン保護

  氷結条件下での飛行は、すべての航空機にとって重大かつ一般的なハザードです。航空機の氷結は、過冷却した水滴が航空機の表面に衝突して凍結することで発生します。

氷結は、飛行中の航空機の性能を大幅に低下させる可能性があるため、飛行において最も深刻な気象災害です。氷結は、高度が低い場所で発生しやすいため、低速かつ低空飛行する小型の固定翼機やヘリコプターに影響を与えます。氷結によって、航空機の地上除氷中のミッションの遅延、天気予報または実際の飛行中の氷結によるミッションの中止および中断が発生します。


結果

氷結は、航空機のあらゆる露出部分で発生し、さまざまなハザードを引き起こす可能性があります。回転翼機におけるハザードには、回転翼の空気力学的性能の低下、センサーおよび外部可動部品のファウリング、氷結による塊の増大、振動の増大 (塊の増大、回転翼の空気力学的プロファイルにおける低下または変化による)、フロントガラスおよびその他の窓からの視界の悪化、脱落した氷による損傷、吸気流量の変化または低下、脱落した氷または水雪の取り込みなどがあります。

規制には、中程度の氷結条件がわかっている、または予測される状態で飛行する場合は、航空機に適切な除氷または防氷装置を装備しなければならないと記載されています。制約事項は、各航空機の操作マニュアルに記載してあります (最新のFAA推奨事項を参照)。

「飛行機が過冷却の水滴中を飛行する場合は、吸気口で氷結が発生します。氷堆積物により、翼に空気力学的な劣化が起こったり、吸気による氷の取り込みが原因でエンジンがフレームアウトする場合があります」(フランス国立航空宇宙研究所)

降雪

ヘリコプターのエンジンに対する雪に関する規制

タービンエンジンや空気吸入口システムは、飛行中(アイドリングも含む)、降雪や吹雪の中でもエンジンの作動に影響なく、回転翼機の性能の範囲内で、常に作動しています。

エンジン保護の敵となる雪

ヘリコプターは、固定翼機よりも長い時間、地上近くを飛行します。したがって、ヘリコプターは雪、氷、大雨などの地上の環境条件の影響をより受けることになります。たとえば、予定外の場所に着陸すると、エンジンの空気吸入口に雪が吸い込まれる場合があります。また、湿気のある雪がエンジンの空気吸入口の前の機体に堆積し、凝縮された雪泥としてエンジンに吸い込まれる場合があります。

エンジンの空気吸入口における雪の影響

エンジンの空気吸入口が塞がれると、エンジンを通過する気流が制限されます。極端に制限されると、エンジンが失速して、フレームアウトが起こる可能性があります。

燃焼システムに大量の雪が吸い込まれると、コンプレッサの損傷やエンジンのフレームアウトにつながる恐れがあります。

そのため、エンジンまたはエンジンの空気吸入口に雪や氷が堆積しないようにする必要があります。

ピュアエアによる降雪や氷結からのエンジン保護

ピュアエア・システムは降雪や氷結からのエンジン保護に優れた性能を発揮します。システムは、再循環や降雪を含むさまざまな用途におけるJAR/FARの仕様で認定を受けており、ヘリコプターに対するその他の飛行制限はありません。

ピュアエアのチューブに流入する空気の動的な流れにより氷結がピュアエアの全面に集められます。これにより、このプロセス中はエンジンへのフローが継続します。氷が一定のレベルまで堆積すると、その氷の重みまたは空気力学的負荷によって脱落します。

ピュアエア・システムにより、世界中のヘリコプターが降雪や氷結環境下において、悪影響を受けることなく運行できることが確認されております。システムは、エンジンの性能を低下させることなく、最も過酷な環境で稼働できることが実証されています。
概 要
究極のヘリコプターエンジン保護
ピュアエア - ヘリコプターエンジン保護
特 長
ピュアエアが選ばれる理由
ピュアエア・システムはヘリコプターエンジン保護に最適です。
用途
用途
50以上の設計モデルが認定を受けています
操作方法
仕組み
ポール・ピュアエアシステム     研修プログラム
設計および試験
設計および試験
ポールの設計、エンジニアリングの実績
保守点検サービス
ピュアエア - 保守点検整備
保守点検ガイドライン、連絡先