ピュアエアによる砂塵からのエンジン保護



通常の飛行条件では、空気がエンジンに吸い込まれるとき、砂埃の粒子も一緒に運ばれます。砂埃は、エンジン部品に重大かつ長期的な損傷を与える可能性があります。


結果

砂埃を吸い込むことで、コンプレッサの浸食、タービンブレードのグレージング、構成部品の摩耗が起こり、振動や構成部品の疲労につながる可能性があります。

ほかにも、コンプレッサのファウリング、燃焼チャンバー内での粒子の堆積、冷却通路のブロックなどの影響があります。

10μm (ヒトの血液細胞とほぼ同じ寸法) を超える大きさの埃の粒子が数キロあるだけで、エンジンの性能が低下するだけでなく、予定のオーバーホール時間限界 (TBO) に達する前にエンジンを取り外さなければならなくなります。砂塵の量にもよりますが、数百時間で、エンジンのオーバーホールをする必要が出てくることがあります。

ほかにも、コンプレッサのファウリング、燃焼チャンバー内での粒子の堆積、冷却通路のブロック、タービンのグレージングなどの影響があります。

解決法

ピュアエア・システムは、最大99%の分離効率で砂塵を分離する優れた性能を持っています。ピュアエア・システム最新モデルの導入により、エロージョン摩耗を発生させる砂塵粒子をほとんど除去することができます。無視界状態など砂塵の多い環境で、ピュアエアはエンジンを保護し、上記のような悪影響を受けずに、オーバーホール時間限界近くまでエンジン寿命を延長できます。

ピュアエアは、他の部品やシステム、およびメンテナンスなしで、継続的にエンジンを保護します。

結果

ピュアエアを装着したエンジンがエロージョンが発生するまでの時間が1000時間であれば、追加のメンテナンスなしで、オーバーホール限界の更新を達成することになります。
概 要
究極のヘリコプターエンジン保護
ピュアエア - ヘリコプターエンジン保護
特 長
ピュアエアが選ばれる理由
ピュアエア・システムはヘリコプターエンジン保護に最適です。
用途
用途
50以上の設計モデルが認定を受けています
操作方法
仕組み
ポール・ピュアエアシステム     研修プログラム
設計および試験
設計および試験
ポールの設計、エンジニアリングの実績
保守点検サービス
ピュアエア - 保守点検整備
保守点検ガイドライン、連絡先