ピュアエアによる塩水(海水)ミストからの保護



塩水の流入は、ヘヒリコプターの海上での運行時、特に海上の低い位置でホバリング時に起こります。海軍の活動では、ヘリコプターは低い位置で長時間ホバリングするため (対潜水艦戦や救援活動など)、大量の塩水噴霧がエンジンの空気吸入口に吸い込まれる可能性があります。


結果

塩水の流入が長時間にわたって起こると、エンジンで腐食が発生します。さらに、塩分がエンジンの回転部品にたまると、エンジンの効率および性能が著しく低下する場合があります。これにより、電源の損失、コンプレッサの損傷、およびエンジンの不均衡が生じ、最終的にエンジンのフレームアウトや任務の中断につながる恐れがあります。

解決法

ピュアエア・システムは、型式にもよりますが、重量比で80%までの大量の塩水を分離除去します。その結果塩水噴霧によるエンジン部品の損傷を削減することができます。ただし、塩水噴霧の分離効率は高くても、海上活動の後はエンジンを毎日洗浄して腐食を防ぐ必要があります。
概 要
究極のヘリコプターエンジン保護
ピュアエア - ヘリコプターエンジン保護
特 長
ピュアエアが選ばれる理由
ピュアエア・システムはヘリコプターエンジン保護に最適です。
用途
用途
50以上の設計モデルが認定を受けています
操作方法
仕組み
ポール・ピュアエアシステム     研修プログラム
設計および試験
設計および試験
ポールの設計、エンジニアリングの実績
保守点検サービス
ピュアエア - 保守点検整備
保守点検ガイドライン、連絡先