豪雨からヘリコプターエンジン保護



雨は、地表に堆積している大気中の水蒸気が凝縮してできたものです。雨は、個々の水滴が雲から地表に落ちるときに形成されます。すべての雨が地表に到達するわけではなく、乾燥した空気中を落ちる間に蒸発するものもあります。

雨は、降水量に応じて次のように分類されます。

 
分級 降水量
非常に弱い雨 1時間に0.25mm未満
少雨  0.25~1.0 mm/hour
中程度の雨 1時間に1.0~4.0mm
大雨 1時間に4.0~16.0mm
非常に強い雨 1時間に16.0~50.0mm
猛烈な雨 1時間に50.0mm以上
 



結果

大雨は、ヘリコプターによっては深刻な問題であり、異物による損傷 (DOD) と同様の被害を受けることがあります。特定の条件では、エンジンの吸気口のよどみ点の上流で機体内に水がたまると、塊として取り込まれたわずかコップ半分の量でエンジンのフレームアウトが発生します。

解決法

ピュアエア・システムは、主エンジン流入空気から水分を除去します。エンジンの吸気口に侵入する残りの水は霧状で、エンジンの動作に重大な悪影響は一切ありません。

ピュアエア・システムは、豪雨による危険状態を大きく軽減しますが、ヘリコプター運行マニュアルの指示に必ずしたがってください。
概 要
究極のヘリコプターエンジン保護
ピュアエア - ヘリコプターエンジン保護
特 長
ピュアエアが選ばれる理由
ピュアエア・システムはヘリコプターエンジン保護に最適です。
用途
用途
50以上の設計モデルが認定を受けています
操作方法
仕組み
ポール・ピュアエアシステム     研修プログラム
設計および試験
設計および試験
ポールの設計、エンジニアリングの実績
保守点検サービス
ピュアエア - 保守点検整備
保守点検ガイドライン、連絡先