ピュアエアによる高温ガス流入からの保護

高温ガスの取り込み (HGI) とは、エンジンから排出されたガスがエンジンの空気吸入口から再び取り込まれる現象のことです。

原因

HGIは一般的に見られる現象で、ヘリコプターが追い風の場合にホバリングしているときや横向きまたは後方に飛んでいるときに発生します。


結果

HGIにより、エンジンの吸入ガス温度が上がり、非回転流や温度ひずみが発生します。エンジンが最高許容温度で稼働しているとすると、HGIにより約15パーセントの動力が失われるため、吸入温度が40°F上昇します。さらに、空間的または一時的な温度ひずみによって、コンプレッサーが失速し、急激かつ深刻な動力損失につながる恐れがあります。

解決法

ピュアエアシステムにより、流入した高温ガスが迅速均一にボルテックス・チューブ内を回旋し、均一で安定した空気流となってエンジンに取り込まれます。流量や温度のひずみを減らすことで、HGIによる悪影響を最小限に抑えることができるため、コンプレッサーの失速問題を大幅に軽減できます。

CFD(数値流体力学) の図 

   
 
図 1
 
図2
  エンジンの空気吸入口から20mmの高温ガスのポケットが形成されています。


   
図3-コンプレッサー入口にピュアエア・システム装備なしの機体、このガスポケットが、温度ひずみを引き起こし、影響を及ぼす。
図4-ピュアエア・システムの搭載により、高温ガスが空気流で撹拌されて均一となったコンプレッサー入口での温度分布
概 要
究極のヘリコプターエンジン保護
ピュアエア - ヘリコプターエンジン保護
特 長
ピュアエアが選ばれる理由
ピュアエア・システムはヘリコプターエンジン保護に最適です。
用途
用途
50以上の設計モデルが認定を受けています
操作方法
仕組み
ポール・ピュアエアシステム     研修プログラム
設計および試験
設計および試験
ポールの設計、エンジニアリングの実績
保守点検サービス
ピュアエア - 保守点検整備
保守点検ガイドライン、連絡先