再生可能な圧力スイング吸着 (PSA) システム

ポールの化学、生物、放射能防御システム(CBRN)は、化学兵器により汚染された空気を浄化するのに効果的なシステムです。 装置の主要部は、再生可能な圧力スイング吸着 (PSA) システムで、従来のカーボン製造技術と違って、あらゆる既知および潜在的な脅威から完全に保護します。  

注目情報

PSA

特長

  • 完全に再生可能
  • Edgewood (ECBC)、Dstl (Porton Down)、TNO、およびBattelleによって個別に検証されています。ドイツのWISによる検証も進行中です
  • 特許取得済み固定化プロセス
  • PSA装置は、高い温度で逆洗し、元の状態に戻すことができます。
  • PSA装置は、環境管理システムと統合できます。総裁は、ポールの協力会社のAMETEK Aircontrol Technologies社のTerrierプログラムを参照してください。
トップ

利点

  • 「装備するだけ」のユニット
  • 優れた広帯域のCBRN防衛 (高沸点および低沸点溶剤、TIC、TIM)
  • 少ない物流作業と最小メンテナンス
  • 即座に保護して問題を残さない
  • 「有機溶剤」試験に合格
  • カーボンまたは吸着剤の粉塵なし
トップ

用途

次の用途に対するCBRN防衛

軍用車両 軍用機 ヘリコプター

Image copyright BAE Systems.
無断複写・転載を禁じます。

ポールPSAシステムは多様な装置に配備できます。詳細は、 最寄のポール営業所までお問い合わせください。

トップ

開発の歴史

  • 1991年-ポールPSAシステムが米軍AH-1Sコブラ・ヘリコプターに採用される。バテル記念研究所にて試験済み。
  • 2002年-ポールとAMETEK社はブルドッグAPC FV430/432の技術実験プログラムに選定される。
  • 2004年-ポールCBRN技術がASTORセンティネルR1飛行機に搭載される。
  • 2010年-ポールとAMETEK社は、TerrierCBRN保護システムを供給するBAEシステムに選定される。
トップページへ

Terrierは、英国防衛省の登録商標です。