ピュアエアによるFODからの保護

FODとは何ですか。

ヘリコプターの安全性およびエンジン保護への課題となるFOD「異物による損傷 (FOD) とは、製品の必要な安全性およびパフォーマンス特長を低下させるかどうかに関係なく、異物によって起こる物理的損傷または経済的損傷の両方の損傷をあらわしています。」(航空宇宙規格412)

FODの原因としては、鳥の衝突、石、雹、氷、または滑走路に落ちているボルトや金属片などがよくあげられます。 これらのいずれもがエンジンにとっては刃物と化し、高速回転で粉々になります。

FODが原因で、航空宇宙業界では年間約40億USDの損失が発生します。損失には次のようなものが含まれます。

  • 航空機への高額で重大な損傷
  • 作業員、パイロットおよび乗客を死亡させたり怪我を負わせる

ピュアエアによるFODからの保護

小石、霰、氷、ボルト類がボルテックス・チューブを通過することは物理的に困難です。したがって、ピュアエア・システムはFODに対する強力なエンジン保護システムとなります。用途によっては、ピュアエア・システムの上流側、下流側にメッシュスクリーンの設置を推奨します。

ピュアエア・システムは鳥の衝突、石、霰等についての故障分析試験を行っています。 鳥の衝突や大きな異物は、ピュアエア・システムにとって大きな障害となりますが、エンジンに吸い込まれていくことはありません。

結果

1991年の湾岸戦争後、CH-47チヌーク・ヘリコプターは、FODによる損傷やエンジンの摩耗による損傷を軽減するため、ピュアエア・システムを導入しました。エンジン保護システムの装備のないヘリコプターより、同環境での運行では、損傷を少なくすることができました。

事例:CH-47ヘリコプターの飛行時間1000時間につき、損傷発生は、平均して1.2エンジンしか発生しません。ピュアエア・システム搭載なしのCH-47ヘリコプターな場合、飛行時間1000時間あたり、25エンジンについて損傷発生します。
概 要
究極のヘリコプターエンジン保護
ピュアエア - ヘリコプターエンジン保護
特 長
ピュアエアが選ばれる理由
ピュアエア・システムはヘリコプターエンジン保護に最適です。
用途
用途
50以上の設計モデルが認定を受けています
操作方法
仕組み
ポール・ピュアエアシステム     研修プログラム
設計および試験
設計および試験
ポールの設計、エンジニアリングの実績
保守点検サービス
ピュアエア - 保守点検整備
保守点検ガイドライン、連絡先