ピュアエア-無視界状態(ブラウンアウト)での保護

無視界状態で飛行するヘリコプターの
安全およびエンジン保護

無視界状態(ブラウンアウト)は、ヘリコプターにとって危険な状態です。砂地の環境では、離着陸時にローターからの吹き下ろしによって巻き上げられた大量の砂塵がヘリコプターを完全に覆います。砂漠地での着陸では、最大2.5g/m3の空気中の埃の密度が計測されました。

このような状況では、エンジンは大量の砂を吸い込む可能性があります。低空飛行時におけるローターウォッシュによって巻き上げられる大量の埃によって以下のような事象が発生します。

  • 航空機と地上障害物の接触による飛行安全性リスク
  • エンジンの取り外しにつながる部品の損傷 (場合によっては数十時間の飛行で発生)
  • 凹凸のある地形や斜面による転倒のリスク

電圧低下チャレンジでのヘリコプターの安全性およびエンジン保護「最近の軍事活動では、他のあらゆる脅威よりも無視界状態によって多くのヘリコプターが損傷しています。」
-Steve Colby中佐 (「Rotor & Wing」、2005年) 

  

 

                          保護されていないエンジンの
無視界状態での影響

エンジン吸気に含まれる砂塵の粒子サイズの分布は、参照シリカ系試験・研究でのテストダストに似ています。ISO Coarse Test Dust この特定のテストダストの粒子は非常に細かく、0~5μmの粒子と中央粒子サイズが30μmの粒子が12%の割合で含まれています。中型のヘリコプターの場合、これは、1分間でエンジンに1kg (2.2ポンド) の砂塵が吸い込まれることを意味します。 

これが、砂漠地での活動において、保護されていないCH-47チヌークエンジンがわずか14回の着陸で腐食による損傷が原因でエンジンの取り外しが必要になった理由です。

 セントリセップ EAPSにより、電圧低下状態で埃を除去「ヘリコプターの無視界状態は年間1億ドルの問題で、多くのハードウェアの損失、負傷、および死亡につながっています。」
(USAF中央軍) 

 

ピュアエアは無視界状態において砂塵を除去します

ピュアエア・システムは危険な無視界状態に対応するために設計された製品です。このシステムは、空気中の最大5g/m3の密度で優れた分離効率 (96%以上) を維持することが大規模な風洞試験で実証されています。

ピュアエア・システムは大量の砂塵を処理できます。保護されていないエンジンに比べて、摩耗を防ぐことができ、重要なタービン部品の寿命を大幅に延長することができます。保守点検作業も不要です。

注意:オイル含侵バリアフィルター(IBF)の製造業者は、「無視界状態で砂埃のレベルが高い環境で操縦する場合、運行時間と環境の条件に基づいて、オイル含侵フィルターの頻繁な交換や保守が必要」と勧告しています。したがって、「無視界状態(ブラウンアウト)」が発生する可能性のある環境での運行は、最小限にするか、可能な限り回避する必要があります。」と勧告しています。

ビュアエア・システムの砂塵耐久試験における優れた結果

ヘリコプターエンジンの品質認証の一環として、風洞で砂塵耐久試験が実施されました。エンジンはピュアエア・システムにより保護されました。

エンジンは、エンジン吸気口に供給された濃度が1.5g/m3で、SAE Coarse Test Dustが適用された状態の連続最大出力で10時間の連続運転が行われました。ダスト総量156kgがピュアエアに投入されました。10時間の試験後、腐食によるエンジン出力の損失はわずか3%でした。この量の1/20以下の砂塵が保護されていないエンジンに吸い込まれると、エンジンの腐食によって重大な出力損失が発生します。

10時間の試験では、フィルターやエンジンのメンテナンスは行われませんでした。
概 要
究極のヘリコプターエンジン保護
ピュアエア - ヘリコプターエンジン保護
特 長
ピュアエアが選ばれる理由
ピュアエア・システムはヘリコプターエンジン保護に最適です。
用途
用途
50以上の設計モデルが認定を受けています
操作方法
仕組み
ポール・ピュアエアシステム     研修プログラム
設計および試験
設計および試験
ポールの設計、エンジニアリングの実績
保守点検サービス
ピュアエア - 保守点検整備
保守点検ガイドライン、連絡先